筆記体は使う?学校では習ったけど・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆記体とは

あのさらさらと書かれた続け文字のことです。万年筆や鳥の羽の付いたペンで書かれたようなイメージがありますね。
皆さんは使ってますか?

筆記体はどこで学ぶ?

日本でも、ある年代の人たちまでは、中学校に入って英語に初めて触れる時に専用のノートに書く練習をしていました。
実は今の中学生たちは筆記体は必修として学んではいないようです。
確かに、学んだその後に使ったことって、それほど多くは思い出せません。
- 語学留学をした時に住んだフラットの老オーナーさんからのメモが筆記体でした。
- 仕事でお客様からいただくサインはほぼ皆さん筆記体
(署名は読めない方がいいのか?と思うほどに読めないのがほとんどでした)
出会う頻度が少ないので、たまに超ウマの筆記体が書かれる瞬間があると感動します。

海外でも一応学校では教えられるようですが、きちんと読み書きできる所まで浸透しているかは・・・・
知らなければ読めない文字、確かあったはずなのですが。
小文字の「b」「f」「r」「s」「z」、大文字の「G」「S」「Z」

筆記体の由来

原本はカリグラフィーの中のカッパープレート(Copperplate)という書体です。
カリグラフィーとは、日本でいう書道のようなものです。
17〜18世紀頃の英国で使われていましたが、行程が印刷に向いていたことから、
本や文書、教科書もこの書体が使われるようになったとのこと。
欧米の昔々の公式文書や古書、古典などはこの書式のもので読解が難しいそうです。

筆記体の出番はいつ?

筆記体の難点として、読みにくい!というのがあります。
ひどい時には、書いた人にしかわからない・・・
パソコンが普及して、ビジネスも昔より格段に拡大しました。どうしても分かりやすいブロック体が主流の時代です。

おそらく筆記体の存在は、日本のお習字の「草書」的な扱いなのかもしれません。
少し歴史や芸術性を感じさせるものとして、今後は残っていくのかもしれません。
エレガントでデザイン性の高い文字だと思います。

カリグラフィーが元になっていることを書きましたが、
アップルのスティーブ・ジョブズも、この芸術性に惹かれて、若かりし頃に学んでいます。
実は、この学びが彼にインスピレーションを与え、「こういう風に美しい書体をコンピューター上でも楽しめればいいのに」
という発想から、コンピューターの文字に「フォント」が生まれました。

温故知新?
受け継がれるものには、受け継がれる意味や価値が、必ずあるのですね。

最後に

頻度の少ない筆記体ですが、上手に美しく書ける人はやはり素敵です。
優美な気品のある文字は、例えば、手紙を書くとき、ポストカード、招待状、グリーティングカードが
まるで絵のような文字で書かれていると受け取る人にも喜ばれるのではないでしょうか?

ちょっと練習、したくなりました。