日本語で良く使う言葉、英語でどう言う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語で良く使うちょっとした挨拶、ちょっとした受け答え、文化や習慣の違いでぴったりくる表現があるもの、
ないものもありますが、あるのか無いのかを知ってるだけでも、もどかしさが減りますね!

英語表現の無いもの

日本ではいつも使うから、つい言いたくなるけど適当な言葉が見つからない・・・
という言葉を見ていきましょう。

いただきます/ごちそうさまでした。

日本では手を合わせ合掌し、欧米ではお祈りをするところもあります。
ネイティブの友人は、食後に作ってくれた人に対してThank youって言っていました。
英語ではThank you for the (delicious) meal.などで「ありがとう」を伝えます。

よろしくお願いします。

これも日本独特の表現で、日本語ではマルチな場面で使われます。
挨拶であることにはかわりないので、状況に合わせて英語をあてることが必要です。
私は「Nice to meet you」によろしくの意味を含めて発しています。

お疲れ様です

英語に無理やり訳すと、なんだか上から目線になってしまって。
個人的には、欧米の文化は物事に対して「疲れる」という感覚で捉えないのでは?と思っています。
仕事中なら「Hi」から始めて挨拶をしたり、帰り際なら「See you tomorrow」「enjoy your holiday」など声をかけるといいと思います。

お世話になってます。

特にビジネスの場面で良く使われる言葉ですが、「よろしくお願いします」と同じくマルチな挨拶言葉です。
お礼に近い表現なので、その時の状況/気持ちに応じて具体的に英語をあてるようにしましょう。

行ってきます/行ってらっしゃい

英語にこれらの挨拶の表現がないのがちょっと残念に思うのは私だけでしょうか?
ネイティブは普段、会った時、別れ際の時と同じ挨拶を交わします。

日本語の意味に近い英語表現があるもの

頑張ってね!

いろいろな場面で使うこの「頑張って!」。応援する時に便利に使えますが、英語ではその頑張る対象が何なのかによって言葉が変わってくるようです。状況に応じて自分の言葉で表現してみてください。

  • 相手が辛い状況にある時   ・・・・「Hang in there」
  • 相手が何かに挑戦する時    ・・・・「Do your best」「Good luck」「You can do it 」「I believe in you」
  • 相手が勇気を持って行動する時・・・「Go for it」
  • 相手が落ち込んでいたら     ・・・「Cheer up」「Chin up」

お久しぶりです。

「Long time no see」
頻繁に使います。

ただいま/おかえり

「I’m home」    →ただいま
「Welcome back」 →おかえり

しょうがない。

「Can’t help it」
主語を付けるなら「Oh well, it can’t be helped」です。助けることが不可能→仕方ないになります。

当たり前だよ。

「of course」
「That’s natural」
ナチュラルなこと→あたりまえ

ごめん、今ダメ。

「Sorry, not now」

ちょっと興味があるんだけど。

「Just curious」「I’m a little curious」
私はこれを使って何でも質問して聞き出すことをしています。
ちょっと好奇心が湧いたのって、軽く聞ける便利な言葉です。

それならわかる、なるほどね。

「I see, that makes sense」
わかりにくかったことが、筋道が通って理解できた時に。
理にかなうという意味の言葉です。

まじ?

「Are you serious?」「for real?!」
個人的には、学校で習った、本当?「Really?」と同じ意味かと思うのですが、ネイティブから聞くのは「Are you serious?」の方が多い気がします。

いかがでしたか?案外簡単なフレーズが多いですね。
自然にスッと返せるようになったら、しめたもの。
無いものは無い!で変に当てはめると余計に変になるので、気にしなくていいと思います。
これも異文化理解。
もっとたくさんの言葉を知って、テンポよく英会話していきたいですね。