日本にいながら英語環境を作る5つのTips

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で英語を習得したMari が、留学しなくても日常生活の中で英語に触れる環境を作るコツを伝授します。分かりきった話もありますが、実践してますか?最終的に大事なのはそこですね!


日本にいても脳内を英語にする5つのコツ – LEVEL 1

海外留学をしたい人があふれていますが、やっぱり留学なしで英語をマスターするのは不可能なのでしょうか?海外留学経験10ヶ月で、本当は日本にいる間に英語を勉強したMariが今回は話します!

1. 携帯の設定から変える

まず携帯の言語設定を英語にしましょう。そうすることでアプリも英語で表示され、日常単語を当たり前に目にする環境ができます。LINEのスタンプが英語だと”Sticker”と呼ばれていることも、英語設定にするまで気付かない人もいるのでは??これで、外国人に”I like your stamp!”と言い間違えることもなくなりますね!

2. わからない単語はすぐに調べる、けどメモしない

英語を一生懸命勉強していると、知らない単語に毎日出会いまくります、つらいですよね。。わたしも毎日出会い続けています。日本人も読めない漢字があるように、英語も永遠に難しい単語はあります。そこできちんとメモに残したり、単語帳をつくったり…しなくても大丈夫です。多く出くわす単語はそれだけ重要な単語ということ、何度も忘れても何度も調べればいずれ覚えていきます。そのくらいの気持ちで気楽に、でも知らない単語に出会うと「どんな意味だろう!」ってワクワクする感覚をつくりましょう。

3. SNS上で興味がある”英語アカウント”をフォローする

わたしはInstagramとFacebookしか使っていませんが、TumblrやTwitterももちろんオススメ。外国人をフォローしましょう。わたしは好きなモデルさん、おもしろいYoutuber、バズメディアなどをフォローしています。もちろん彼らに興味があるので、一生懸命読もうとするしSNSで英語を見かけるのが当たり前になります。読み飛ばしちゃうくらいなら、いっそ1人だけとかにして、その人が現れたら必ず読む。と心に決めましょう。英語のテキストを買う、なんていう非日常よりももっとリアルに。SNSから英語で攻めていきましょう。

オススメ:BUZZFEED https://www.facebook.com/BuzzFeed

College Humor https://www.facebook.com/CollegeHumor

9GAG https://www.facebook.com/9gag

4. 英語の音楽を歌詞をみながら聴いてみる→歌ってみる

EminemとかNicki Minajからスタートするとなかなかハードですが、海外の曲もゆったりで聴きやすい曲はたくさんあるので、歌詞をみて、歌ってみましょう!もちろん歌詞に興味をもって、ネット上にある訳とかを見ながら理解してさらに曲を知っていけたら最高です♫ 日頃聴く曲を英語にして、だんだん他のことをしてても英語の歌詞が耳に入ってきちゃう状況になったら最高です!おす すめの歌いやすい曲をリストアップしておきます!POPは比較的スラングも少なく発音もしっかりしてくれてるので、POPジャンルから聴いていきましょう。

Taylor Swift – You Belong With Me

One Direction – What Makes You Beautiful

Bruno Mars – The Lazy Song

Carly Rae Jepsen – I Really Like You

ここまでで、あ〜まあそうだよね。みたいに思っていても、本当に実行していますか?

実行しなくちゃ意味がない!!

5. 最後はやっぱり「友達をつくる!」

結局英語を相対的に話す機会が必要です。なので友達をつくりましょう!あなたがもし中高の学生さんだったら、学校の外国人の先生と授業後5分でも残って話してみる(わたしもよくやっていました)。そしてその人の性格を知って、気が合うようであれば仲良くなる。わたしは、大学生のときはひたすら英語の授業を選択していました。(人類学、コミュニケーション学、ビジネス英語、組織学などなど)そこで毎回授業後に残って、先生と話す。気があって仲良くなったらemailをしてみたり、教授のお部屋に遊びに行ったり。社会人の方やその他の学生ではない方は、インターナショナルな会に恐れずに友達と行ってみましょう!ネットで「外国人 パーティ」「外国人 カフェ」などうってみると色々ヒットします。また、余裕があれば英語を話さなければいけないバイトを見つけてみる。わたしは西麻布や青山などでお客さんもスタッフもみんな外国人ばっかりのところで働いて、友達をつくったりしました。

この5個目のポイントで一番大切なのは、「英語が話せる人だからというだけで友達になろうとしないこと」です。絶対に “I want foreign friends!” というのはやめましょう。というか、英語を話せるからといって外国人を利用する(?)のはやめましょう!!だから、日本人の友達をつくるように、気が合う人、趣味が合う人と友達になるのがよいと思います。じゃないと、お互いハッピーじゃないと思います。

ベストな形は2つあって、1つめは日本語を勉強したがってる外国人とお互い教えあうスタイルで友達になったりすること、もう1つは、英語を勉強している他の国の人と友達になってお互いカタコトの英語でコミュニケーションすることです。

日本では、1歩踏み出さないと外国人と話しする機会すらもないけど、きっと1歩勇気をだして踏み出したら、あなたの人生は少しずつ変わっていきます。今話せないのは当たり前だし、わたしも始めは “bread”という単語すら話せず、“ like pan! My favorite!” などと言っていました、、(懐かしい)

英語ばっかりのライフスタイルをつくって、海外に住んでるのと同じ状況をつくるのは不可能ではありません。現に、わたしは日本に住みながら、生活の70%は英語で過ごしています♫本気で話せるようになりたかったら、少しずつ小さなところから生活に英語をいれていきましょう!!