こんなに違う!アメリカ英語 vs イギリス英語

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語も日本語の方言のように地域で色んな特徴があります。発音は勿論、単語の綴りや意味まで違うことも。今回は比較されやすいイギリスとアメリカを比べてみましょう!

English, just like Japanese, has different accents depending on your location. Not just with pronunciation, but even with the definition of vocabulary words. This time, we look at the difference between British and American English!


どうも、こんにちは。良い一日をお過ごしでしょうか。今日はイギリス英語とアメリカ英語の違いについてお話しします。もうご存知かと思いますが、イギリスの人とアメリカの人の発音に違いがあるんです。でも何かを表現するときに使う単語の違いについて知ってますか?ちょっと見てみましょう!

Well hello there. I hope you’re having a lovely day! Today we’re going to go over some differences between British English and American English. As you know there is a difference between words are pronounced by someone from England vs. someone from the U.S. But were you aware of the different words used to describe the same thing? Let’s take a look!

listn.me

listn.me

これは私が思い浮かんだ何個かの例です!日本にいるとたまにこの単語に出会って、日本人で英語話す人がどれを使うかみるのが面白いです。私は「パーカー」が「ジャンパー」と呼ばわれていることを以前、知りませんでした。でもこのようなギャップ…違いって理解できるよね?だって日本の各地域だけで使われてる単語もあるじゃないですか。例えば九州では「そいぎ」は「また後で」って意味だし、他にも大阪で「ボチボチ」って聞いたことあるけど東京ではきいたことない。東京の人が九州弁や関西弁を下品と思う人がいる様に、イギリス人もアメリカ英語に対して同じようなリアクションしたり、アメリカ人もイギリス英語に対してそのようなリアクションもします!個人的に面白いと思います!同じ言語を使ってるのに、場所によって進化していって、違いがこの世界にできる。もう一つ面白いのは単語の綴り。1800年代にアメリカの議会が単語の綴りをより発音通りにするように変えました。

These are just a few of the examples that I’ve come across! Being here in Japan I’ve encountered some of these words and thought it was interesting to see which ones were used by Japanese English speakers. I had never heard of a sweater being referred to as a “jumper” before. But this kind of gap…difference makes sense doesn’t it? There are plenty of words that are only used in certain regions of Japan and not in others. For example, “Soigi” in Kyushu means “See you later”. I’ve heard people say “Bochibochi” in Osaka but rarely hear it being used in Tokyo. Like many Tokyoites who find Kyushu-ben or Kansai-ben rough or unappealing, a British person might react in distaste to someone using American English and vice-versa! Personally, I think it’s amusing! We’re using the same language but it something that evolves based on our location and the changes that happen in our world. Another interesting difference is the spelling of words. In the 1800s, the US Congress changed the spelling of some words so they would be more phonetic.

listn.me

listn.me

なので、どの本から勉強してるかによって、見る単語と使う単語が英語スピーカーの間で違うこともあります。でもそれは自然なことだと思います。ネイティブ同士でも違いはあるけど、それって言語の美しい点でもあるとおもうんです。常に変わってて、進化してる。ルールや、どのような仕組みなのかをしるのは大事だと思うけど、最終的に…一番重要なポイントじゃないと思います。言語はコミュニケーションして人と繋がる道具です。私だって「aubergine」がなんだったのか最初はわからなかったけど、私のイギリスの対象、Felicityが他の単語を利用して説明してくれました。とにかく!この記事が面白くてこれを通して何かを得られてくれたら嬉しいな!イギリスとアメリカ英語で単語違うってことがあったら教えてね!コメントや質問もあったら聞いてください!では、良い一日を!

So depending on where or what type of book you’re studying from you may see and use some words that other English speakers don’t. I don’t think there’s anything wrong with that. Even amongst native English speakers there are discrepancies, but that’s the beautiful and difficult thing about language. It is always changing and evolving. It’s important to learn the rules to understand how to use the language, but in the end…it’s not the most important thing. Language is a tool for you to communicate and connect with other people. I didn’t understand right away what an “aubergine” is, but my British counterpart, Felicity was able to explain what it is through use of other words. Anyways! I hope you found this interesting and informative! What are some words that you’ve come across that were different in British English from American English? Leave your comments and questions below, and as always…have a good day!

-K