英語の勉強に使えるオススメ映画4本

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常英語の勉強にも最適と洋画を英語字幕などで見ることをお勧めする人は多いです。ですが、中には語学学習には不向きなものも多くあります。 Listn.me では 定期的に学習に最適な映画を紹介していきますので、気になった作品を見つけてみてください!

Many people will say that watching movies with the English subtitles on is one of the best ways to learn English. Though, there are some movies that aren’t recommended for English learning. Here at Listn.me, we will introduce movies that are great for improving your English!


今回は英語学習のために見たい映画の話の第2弾です!
前回もお話した通り、リスニングスキルを改善するのに最も手軽で効果的な方法はYouTubeの動画やテレビ番組、そして映画を観る事です。以前投稿した映画の記事の中で、私が皆さんに紹介した作品は『500日のサマー』、『フィフティ・フィフティ』『ウォールフラワー』、そして『セレステ∞ジェシー』です。今回の映画の話に入る前に、それぞれの映画に出てくる主要俳優について話をしましょう!

This is part 2 of the instalment for movies to watch when learning English!
As mentioned before, one of the easiest and most effective ways to improve your listening skills it to watch YouTube videos, television shows, and movies. In the previous post on movies, I introduced to you guys the movies “500 Days of Summer”, “50/50”, “The Perks of Being a Wallflower” and “Celeste and Jessie Forever”.
Before we get into the movies though, let’s talk about the leading actors in each movie!

まず最初は、アントン・イェルチン。First off, we have Anton Yelchin.

anton yelchin

http://www.markabrahams.com/plate/anton-yelchin.html

イェルチンは彼の出演する作品としては『アトランティスの心』と『スター・トレック』で最も知られています。ロシアのプロフィギュアスケーターの両親のもとに生まれ、イェルチン一家は彼が1歳に満たないうちにアメリカに移住しました。
アメリカでは、自身の両親と同じフィギュアスケートの道は歩まずに彼は俳優業で自分の道を切り開く決意をしました。

Yelchin is most known for his roles in “Hearts in Atlantis” and “Star Trek”. Born to parents who are professional figure skaters in Russia, his family immigrated to America less than a year old. There, instead of following his parents path in figuring skating, he decided to pave his own way in the acting world.

続いて、フェリシティー ・ジョーンズ。Next, we have Felicity Jones.

felicity jones

http://www.vixenvarsity.com/2015/02/03/felicity-jones-up-for-female-lead-in-star-wars-standalone-film/

ジョーンズは、もしかしたら皆さんもアカデミー賞において『博士と彼女のセオリー』でベスト作品賞とベスト俳優賞ともにノミネートされた事からも知っているかもしれません。また、『アメイジング・スパイダーマン2』、『テンペスト』、『インビジブル・ウーマン』という作品で彼女を知っている人もいるかもしれませんね。フェリシティー・ジョーンズは青年のような出で立ちであることからも、年齢層も幅広く役柄を演じてきました。個人的な意見ですが、彼女の強く、魅力的なアクセントで彼女は世界中の注目を集めました。

Jones, whom you may recognize from the Academy Awards Nominee listing, for both Best Picture and Best Actress for the movie “The Theory of Everything”. You may also know her from “The Amazing Spiderman 2”, “The Tempest”, and “The Invisible Woman”, Felicity Jones has a very youthful appearance to her, which allows her to play roles that range widely in age. With her thick, and might I say, adorable, accent, she has gained much attention worldwide.

可愛いくて、大人になったチャーリーが思いつく人、いますか?Who remembers sweet old Charlie?

highmore-1

http://amityvillenow.com/weird-wonderful-cinematic-life-young-freddie-highmore-far/

フレディー・ハイモアは、あの幼かったリトルチャーリーから今では立派な一人前の大人になるまでに成長しました。彼の素晴らしい作品である『チャーリーとチョコレート工場』で知られているだけでなく、彼の傑作でもある『奇跡のシンフォニー』、『ネバーランド』でも有名です。私はちょっと選り好みしているかもしれませんが、初期のハイモアの作品の大・大ファンなのです。彼が演じた『奇跡のシンフォニー』で感動しない人って居るのかな?と本気で思います。

Freddie Highmore has grown up from little Charlie, into a full fledged adult. Known not only for his amazing role in “Charlie and the Chocolate Factory” but also his outstanding role in “August Rush” and “Finding Neverland”. Although my choices may be biased, I am a very big fan of Highmore’s earlier works. I mean, really, who wouldn’t be moved by his role as August?

Now we have Emma Roberts. 今度はエマ・ロバーツの話をしましょう。

emma-roberts-wallpaper-7

http://www.apnatimepass.com/emma-roberts-wallpaper-7.php

彼女は父親がエリック・ロバーツそして叔母がジュリア・ロバーツである事でも有名で、エマも演じるという偉大な伝統を引き継いでいるのです。アメリカのキッズチャンネル Nickelodeonに出るそれまでは、彼女の本当のブレイクはありませんでした。彼女は”子役”として大成することが出来てから、『なんちゃって家族』、『愛しのアクアマリン』、『イッツ・カインド・オブ・ア・ファニース・トーリー』といった沢山の映画のスターであり続けています。実際に私もこの記事を書き始めるまで自分がこれまでに見た彼女の映画の殆どを忘れていました。

Known for her famous father Eric Roberts and her aunt Julia Roberts, Emma continues the tradition of great acting. It wasn’t until her role on a show on Nickelodeon, a kids channel in America, that she made her real breakthrough. She was able to get out of the “child actor” stage and continue on to star in numerous movies such as “We’re the Millers”, “Aquamarine”, “It’s Kind of a Funny Story” and many more. In fact, I hadn’t realized that I have seen almost all of her movies until I started writing this article.

では、エマ・ストーンについて話しましょう。Let’s now talk about Emma Stone.

emma-cover-jpg

http://images.boomsbeat.com/data/images/full/8013/emma-cover-jpg.jpg

まず、エマ・ストーンと言っても日本では多くの人が思い浮かばない人物ですが、それがとても残念です。ストーンは世界中でヒットした数多くの映画においても注目を浴びてきました。『アメイジング・スパイダーマン』、次いで『ヘルプ〜心がつなぐラブストーリー』『スーパーバッド童貞ウォーズ』そして一番最近だと『バードマン』です。彼女の深く色っぽい声で、エマ・ストーンはこの先何年も自身の名を世に大きく広げていく事でしょう。

Now, Emma Stone is someone that many people here in Japan do not recognize at first, which is quite unfortunate. Stone has stared in numerous movies that have been hits worldwide. “The Amazing Spiderman” and the second one, “The Help” “Superbad” and “Birdman”, for the most recent. With her deep sultry voice, Emma Stone will definitely be making a bigger name for her self with the coming years.

そして最後に、ポール・ラッドについて紹介させてください。And finally, let me introduce to you Paul Rudd.

paul_rudd

http://spinoff.comicbookresources.com/2015/01/08/paul-rudd-signs-up-for-revised-fundamentals-of-caregiving/

ラッドは彼自身の素晴らしい演技力で有名です。90を超える映画作品でポール・ラッドは俳優業界での確たる地位を築きあげて来ました、特にコメディー分野です。
『40男のバージンロード』、『ぼくたちの奉仕活動』、『40歳の童貞男』そして『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』といった映画で演じた事でも彼は有名です。また彼はこれまでにも『パークス・アンド・レクリエーション』(私個人のお気に入り作品ですが)といったテレビ作品にも数多く出演し、その作品の中でも彼はかなりな騙されやすい男を演じていてとても素敵な仕事を成しとげているのです。

Rudd is known for his amazing acting skills. With over 90 credited films, Paul Rudd has made himself a permanent placement in the acting world, especially in the comedy field. Known for his roles in movies such as “I Love You, Man”, “Role Models”, “The 40 Year Old Virgin” and “Knocked Up”. He has also been in many television productions such as “Parks and Recreation”, my personal favorite, where he does an amazing job at portraying an extremely gullible man.

でも、俳優の話はもうここまでにして。映画作品を見てみましょう!

But enough about the actors. Let’s now take a look at the movies!

『今日、キミに会えたら』”Like Crazy”

まず最初に、アントン・イェルチンとフェリシティージョーンズが学内で出会う若者バカップルとして出演している映画『今日、キミに会えたら』についてです。この映画の中でジョーンズ演じるキャラクターはブリティッシュアクセントの英語を話していているものの、早口ではありませんし話についていくのも簡単です。映画の中で描かれる状況は複雑ではあるのですが、ストーリーそのものはとてもシンプルです。新しくボキャブラリーを増やす助けにもなるでしょう。

First, we have the movie “Like Crazy” where both Anton Yelchin and Felicity Jones star as young lovebirds that meet in college. In this movie, although Jones’ character speaks with an English accent, does not speak quickly, and can be quite easy to follow. Although it is a complicated situation that is being portrayed in the movie, the story itself is simple, but will allow for learning new vocabulary words.

『最低で最高のサリー』”The Art of Getting By”

では、フレディー・ハイモアとエマ・ロバーツ出演の『最低で最高のサリー』の話。賑やかな街ニューヨークの高校生、そして完全に生い立ちも違う彼ら。一方は人気者、そしてもう一方は友達がたくさん居そうにもない独りよがり。もがいたり卒業のプレッシャーや自分たちの将来に直面しながら、彼ら二人の価値観はぶつかり合いやがて一つになります。この話も複雑ではありませんが私たちのそれぞれの中にある辞書を広がらせてくれる彼らは素晴らしく、ダイナミックなキャラクターの間で織りなされるボキャブラリーはとても幅広いです。

Now we have “The Art of Getting By” with Freddie Highmore and Emma Roberts. High schoolers in the busy city of New York, the two come from two completely different worlds. The popular one and then the secluded one that does not seem to have many friends. Their two worlds collide and become one, as they both face the struggles and pressures of graduation and their future. The story is not complex, but the vast range in vocabulary that is used between the dynamic characters are great for expanding your own personal dictionary.

『小悪魔はなぜモテる?!』”Easy A”

『小悪魔はなぜモテる?!』では高校生活でのスキャンダルを再び語るエマ・ストーンが出ています。この映画では終始、高校生世界がかなり大げさに描写された模様が伺えます。人気者やオタク、信教者など。実際に高校のカリキュラムには出てきそうに無い事に話が繋がっていて『小悪魔はなぜモテる?!』は、とてもウィットを極めたアメリカの青春高校生活の遠くまでいざなってくれます。加えてエマ・ストーンの学生キャラクターが見事なのでこの映画もまた語彙を増やす良い助けになるでしょう。

In “Easy A” we have Emma Stone re-telling her high school scandal story. Through this movie, you are able to see an over exaggerated portrayal of the high school world. The popular kids, the nerds, the religious groups, and so on. With connections to what actually does happen in high school, like the curriculum, “Easy A” will take you a step further into the world of the American high school life in a very witty way. Plus, this movie will also help increase your vocabulary because Emma Stone’s character is an excellent student.

『我が家のおバカで愛しいアニキ』”Our Idiot Brother”

『我が家のおバカで愛しいアニキ』ですが、主役ネッドを取り巻くキャラクターの幅広さが掴んで取れます。ポール・ラッドが演じるのは信用に篤いとても単純な男です、それ故に、時にめちゃくちゃな状況に足を踏み入れてしまうのです。それぞれのキャラクターが用いるそれぞれのコミュニケーションテクと会話の中での選択で、どうやってコミュニケーションがなされていくのかという点においてはかなり大きな違いも出てきます。エキセントリックな家族と型破りな生活スタイルを見ると、『我が家のおバカで愛しいアニキ』は偉業を成しています。この映画を通じて人がそれぞれが持つ、様々なタイプの関係がある事について視野が広がるばかりか、数あるコミュニケーション方法が効果的か、それとも非効果的なのかという事にも気付けると思います。

Now for “Out Idiot Brother”, we are given a wide variety of characters that surround our leading guy, Ned. Paul Rudd plays a very simple man who is beyond trustworthy, which, at times, can land him into messy situations. The different communication techniques that each character uses and their choice in speech make a very big difference in how a relationship is created. “Our Idiot Brother” does an amazing job at looking at a very eccentric family and their unconventional ways of life. Through this movie, you can expand your knowledge on the different types of relationships one can have, and the numerous communication methods that may, or may not be an effective way.

私がみんなに新作映画と新たな役者たちを紹介できていればと願います。そしてそういった物からみんなの中にも興味が弾けたらいいなと思います!これらの映画を見終えたら、どう思ったか教えてね!そして何かおススメがあったらそれもあわせて知らせて欲しいです!

I hope that I was able to introduce new movies, and may new actors, to you guys! And that they sparked some interest within you! If you do end up watching any of these movies, let me know what you think! Also, if you have any suggestions, please let me know of those also!

~Junko~