カフェ英会話で気を付けたい7つの間違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽に英語の練習ができることから、カフェで語学を習う人が増えています。もしかしたら皆さんも経験があるかもしれませんね。もし、これからカフェ英会話をやろうと考えているなら、今回の記事を参考に失敗しない英語学習を知ってもらいたいです!

While English cafe lessons are easy and therefore, quite popular. Maybe you have tried them also. If you are considering trying it out, please take a read and keep this in mind when you’re looking around for lessons!

18歳の頃から、私はさまざまなタイプの生徒たちに英語を教えてきました。若い人だと2歳から、87歳のお年寄りまで。日常会話から旅先で使える英語やビジネス英語まで私と一緒にできるだけ沢山学べるように私は彼らを手伝うことに全力を尽くしました。

From the age of 18, I have taught English to various different types of students. From as young as 2 years old to 87 years old. From daily conversation to travel English to business English, I did my best to help them learn as much as they could with me.

どうやって生徒を探したか?私はいくつかのウェブサイトにプロフィールを載せ、生徒が私宛にメールを送ってくれるのを待ちました。すぐにたくさんのEメールが来たので驚きました。また、メールの内容に不意をつかれることもありました。
元カフェ英語教師として、私は生徒になる可能性があるみんなにプライベートレッスンを受けるにあたり絶対に避けるべき事柄についてアドバイスをしたいと思います。

How did I find students? I set up a profile on a couple of online teaching websites and awaited for students to email me. I was surprised at how many emails I received right away. I was also caught off guard at the contents of the emails. As a former cafe English teacher, I would like to give you potential students, advice on things you should definitely avoid when taking private lessons.

1. 場所について交渉をしようとしないでください。Do not try to negotiate location.

すべての講師のプロフィールには希望する場所が挙げられています。私は特に、駅の近くにあるカフェでしか教えられないし料金について交渉するつもりもありません。それにも関わらず、私が男性から受け取ったメールの中には彼らの自宅をレッスン場所として強要してくるものも沢山ありました…本当に馬鹿馬鹿しいです。18歳のいち女性としても、プライベート英語レッスンで見知らぬ人の自宅にすすんで足を踏み入れるつもりはありません。どんなに高いお金を払ってもらってもです。安全で快適であることがとても大切です。ですので、どうか講師を自宅に招き入れようとはしないで下さい。

On every teachers profile, the preferred locations are listed. I specifically said I will only teach at cafes near the train station and will not negotiate on prices. Yet, the number of emails I received from men, trying to convince me to come to their “home office” for lessons…was almost ridiculous. As an 18 year old female, I am not willing to step into a home of someone that I do not know for a private English lesson. No matter how much you are going to pay me. Safety and comfort is extremely important. So please, do not try to invite a teacher to your home.

2. 料金について交渉をしようとしないでください。 Do not try to negotiate price.

先ほどの話と繋がっていきますが、料金についてもすべての講師のプロフィールに書かれていて、料金について交渉してもいいと思っているかどうかも書いてあります。私の料金は決して高くはありませんでした、実際、他の同僚講師と比べても私のレッスンは結構安かったです。なので、料金を引き下げるよう頼んでくるメールを受け取っても、それが上手い具合に実現することはありませんでした。特に、もしも私が受け持つ場所から、生徒の「自宅が遠く離れている」という理由である場合には、そうですね、自宅からもっと近い場所に居る講師を探して下さい。他には、料金を引き下げてくれるのならコーヒーやケーキは私がご馳走します、とメールをしてくる生徒も中には居ました。私の生徒については全員が、私にコーヒーを買ってくれました、中には食事まで買ってくれる人も居ました。彼らにそういう対応が求められているという訳ではないですが、私に飲み物や食べ物を買うからというそれだけの理由で彼らが値下げの交渉をしてくることはありません。何故なら、私のプロフィールに載せてある料金表には、値段は交渉の上で決めますとは書いていないですし、また、メール内においてもハッキリと、既に取り決めを経ているレッスンの後での値段交渉はしないで下さいとも書いているからです。

Going off from the above, prices are also set on every teachers profile, along with whether or not the teacher is willing to negotiate prices. My prices were never expensive, in fact, compared to many of my peers, my lessons were quite cheap. So when I would get emails asking me to reduce my price it did not come off well. Especially if the reason was because the student “lives so far away” from the areas in which I am teaching, well then, please find a teacher that is located closer to where you live. Or I would also receive emails from students saying they will buy me coffee and cake if I lower my price. All of my students bought me coffee, and some even bought me meals. Although they are not expected to, they do not ask for a discount just because they bought me drinks and food. Because the price listed on my profile is not up for negotiation. Also, do not try to negotiate the price after the lesson when everything has been set and cleared in the emails.

3. 外見で選ばないでください。Do not choose by looks.

外見がいいとレッスンを頑張るモチベーションにはなるのかもしれないけれど、英語を勉強するにあたっては重要性の低い項目のうち一つです。その講師がこれまで見た中で一番ゴージャスな人物であったとしても、あなたに見合った講師だという事にはなりません。生徒が期待するようなレッスンをしてあげられないかもしれないですよ?それにそういうレッスンでは何が得られるのでしょう?講師の写真を見る前に、彼らのプロフィールを良く見て、自分のニーズに一番適したものを見つけてください。

While yes, good looks may motivate you to work harder during your lesson, that is one of the least important aspects when it comes to learning a language. Even if the teacher is the most gorgeous human being you have ever laid your eyes on, that does not mean that they will be decent teachers. Maybe they are unable to provide the lessons that the student is asking for? Then what can be learned from the lesson? Take a good look at the teachers profile and find what fits your needs best before looking at their picture.

4. どうか喋ってください。Please talk.

これが言わんとすることは明らかかもしれませんが、驚いてしまうのは、私の数多く受け持った体験レッスンのうち一体どれほどの生徒が殆ど言葉を発することなく終わってしまったか、に気づいてしまう事です。緊張していたり引っ込み思案だったり、もしかしたら自分の英語を恥ずかしく思っているのかもしれない。だとしても忘れないで欲しいのは多くの講師もまた体験レッスンでは緊張するものだという事です。生徒が講師に話そうとしないのであれば…どうやって生徒は勉強するつもりなのでしょうか?レッスンは英語で会話をするためのものです、でも生徒が反応をしてくれなければ会話をしようにも不可能です。リラックスして、答えてみてください。多くの講師は最初は色々と解りやすく状態を保ってくれますし、会話をリードしてくれると思いますよ。これがもし助けになるなら、大勢の講師たちも同じように緊張しているかもしれないなという事を気にかけてみて!

While this might sound obvious, it is surprising to see just how many of my trial lessons ended up with my students barely uttering a word. Yes, you are nervous, you are shy, and perhaps you are embarrassed of your English. But keep in mind that many teachers are also nervous on the trial lessons too. And if the student doesn’t talk to teachers, how are students supposed to learn? The lessons are for conversation English, but if the students don’t respond, attempting to have a conversation is impossible. Try to relax, and just respond. Most teachers will keep things simple at first and lead the conversation. And if it helps, try keeping in mind that many teachers are probably nervous too!

5. 私達は友達になるためにある商品ではありません。We are not your trophy friends.

ちょっと厳しいかもしれないですが、私は伝えきれないほど数多くの生徒から「友達になってください」と言われました、それは「外国人の友達が欲しい」という理由からでした。これはかなり失礼なばかりか、外国人と近づいて「あなたが外国人だからお友達になりたいです」と言うのは悪意さえも感じてしまいます、レッスンは「お友達」のためにあるのでは無くて、あくまでも英語のレッスンという理由のもとに成り立つものなのに。仕事には見えないのかもしれないけれど、私達講師の多くは、そうやって生計を立てているのです。全ての講師が、という訳では無いですが私達講師の多くは本当に真剣になって教えているし仕事としているのです。友達と遊ぶのとは違います。もし外国人と友達になりたいのであれば、英語のレッスンで探すよりもバーやオフ会、パーティーを利用するほうがよっぽど良いですよ。利用されていると感じて良い気分になる人は居ません。フレンドリーでは居たいです、もちろん、でもその事と講師が即お友達になるというのとは違います。

This may come off a little harsh, but I cannot tell you the number of times I have been asked to “be friends” with my students because they “want a foreign friend.” Not only is it extremely rude and offensive to go up to a foreigner and say “I want to be friends with you because you are a foreigner” the reason why the lesson was set up was not for “friendship” but for English lessons. While it may not seem like a job, for many of us teachers, this is how we feed our mouths and pay rent. Not everyone, but many of us teachers do take teaching seriously, and it is work. Not hanging out with friends. If you would like to have foreign friends, bars, meetups, and parties are a much better way to meet than asking for English lessons. No one likes to feel used. We will be friendly, of course, but this does not mean that teachers instantly become your friends.

6. Do not assume this is a date.

デートと思わないで下さい。

上で話したように、英語のレッスンなのであり、デートではありません。これもきつく聞こえるかもしれませんが、先生がレッスン中ににっこり微笑んだり声を出して笑ったからと言って、そこには気持ちが解けあっていくというようなロマンスは一切存在しません。カフェで私たちは気軽にお喋りをしている、つまりこれはデートだし、講師をデートに誘ってもいいんだ、付き合ってもいいっていう事なんだ、なんて思い込まないで下さい。それが彼らの仕事であるこ事を忘れないで欲しいのです、そういった誘いがある時点で一線を越えています。そうは言っても、私の同僚の講師の中には何人か、生徒と付き合っていた人が居たには居たのですが、これを多くの講師に当てはめて考えないで下さい。レッスンであり、デートでは無いのです。これが全てです。

Like I said above, this is an English lesson, not a date. This also may sound harsh, but just because a teacher is smiling and laughing during a lesson, this does not mean that there are any romantic feelings involved. Do not assume that because we are casually chatting in a cafe, that this is a date, and that this allows for asking the teachers out on a date or into a relationship. Keep in mind that this is their job, and that is crossing the line when those questions are asked. Although, I will admit that I know a few fellow teachers who have gotten themselves in relationships with their students, this does not apply to the majority of teachers. This is a lesson, not a date. That is all.

7. ただレッスンをしただけでは、英語は上達しません。Your English will not improve with just the lessons.

これは言わずとも解る事のように思えても、それが生徒にとっては言わずとも解る事だとは限らないのです。ただネイティブスピーカーと週に1回1時間のレッスンを受けただけでは、一ヶ月後には劇的に英語が話せるようになるという事にはなりません。学生の頃を振り返って、課外授業でした勉強を全部思い出せますか?それと同じです。レッスン外でも勉強をしなければ、上達なんてあり得ないです。むしろ、勉強してきている事を実践するための場としてカフェ英会話を考えてみてください。講師はコーチです、正解したり間違えたりした時に手助けをしてくれる人たちです。自分が学習をするという事の責任を講師に押し付けないでください。英語の学習は講師の仕事ではありません。

While this may sound quite obvious, it is not always so obvious to students. Just because you take a lesson once a week for an hour with a native speaker, this does not mean that you will miraculously be able to speak English a month later. Think back to your school days, and remember all the studying you did outside of class? It is the same concept. Without studying outside of the lesson, you will not improve whatsoever. If anything, try to think of cafe English lessons as a way to actually test first hand what you have been studying. Your teacher is your coach, who will help guide you when you get off path or make mistakes. Do not leave the responsibility of your learning on the teachers. It isn’t their job to learn English for you.

私のカフェ英会話講師としての経験をもとにお話をしました、私が沢山経験して直面してきた事でもあるし、よく私の同僚とも話題になる問題でもあります。そういった些細なことに気をつけてくださいね、問題だらけであってはならないのです!リラックスして、レッスンで学んだ知識を活かしながら会話を楽しんで下さい!

From the experiences that I have had with my cafe teaching career, these are the problems that I have faced the most and have heard many of my peers talk about often. Watch out for these few things and there shouldn’t be any problems whatsoever! Relax, talk, and try to have fun while also taking away some knowledge from the lessons!

~Junko~