Junko の一日モデル体験記

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は少し変わった内容です。先日機会に恵まれてあるブランドのカタログ撮影に参加してきました。撮影風景を交えてレポートしたいと思います。

This time it’s a little different. The other day, there was an opportunity given to model for a catalog for a certain company. Let’s take a look at the behind the scenes a bit.


Photo credit: Junko

Photo credit: Junko

“modeling”と“listn”という言葉が組み合わさったら、きっと多くの人が今モデルとしても活躍しつつある Harunaのことを思い浮かべると思います。もしくは Kristina、彼女もよく自身のセミヌード写真をこれまでも撮ってもらって来ました。
でも、これは彼女たちに二人に限った事ではありません。今日は私のN社での一番最近の経験について書きたいと思っていて、そのN社で私は彼らのバックパックのモデルをしました。

When the words “modeling” and “listn” are combined, most of us will probably think of Haruna who is an up and coming model herself, or Kristina, who has her photos taken of her half naked all the time. But this isn’t about either of them. I will be writing about my latest experience with company N, where I was did some modeling for their backpacks.

IMG_2063

Photo credit: Junko

こんな風にプロの写真撮影は初めてでした。ものすごい、と言うほどでは無いけれど、お化粧をして髪型も整えてもらって衣装を着て、彼らからのポーズのリクエストを受けながら自分を撮られるこの経験は、全てが私には真新しいものでした。

It was my first time to do a professional photoshoot like this. Although it wasn’t for anything huge, the experience of getting my makeup and hair done, given outfits to wear and then being told what they want from me, it was all very new.

この経験で私の頭をよぎった事は、アメリカの文化と比べるといかに日本のビジネス文化が「堅い」か、という事でした。自己紹介をするところから、その始めから全員がとても真剣で、それで私の緊張はより高まりました。
“よろしくお願いします”といくつか名刺交換もされていました。

What came to mind with this experience was how “stiff” the Japanese business culture is compared to the American culture. Introducing each other, everyone was very serious from the start, which made me very nervous. There some business cards exchanged with some yoroshiku onegaishimasu’s.

この光景で私は英語にあたるそういう言葉やフレーズを考えていました。私たちが交わすそのフレーズの多くに、自分が知識不足だと気付きました。

This got me thinking of the English equivalent for all of these words and phrases. I came up shorthanded for many of the phrases we exchanged. Luckily everyone was very kind and as soon as the awkward and stiff introductions, everything instantly relaxed.

IMG_2043

Photo credit: Junko

カメラマンさんはロサンゼルスで8年間過ごしていて英語もかなりペラペラでした。オーガナイザーさんもいくつかの英語を理解できていたけど、スタイリストさんとメイクさんは何も話していませんでした。だからと言って英語を使ってのコミュニケーションをしようとしないという事も無かったです。色んな場面で英語のレッスンを楽しみながら、雰囲気は楽しく盛り上がって行きました。それに気づくまでは、どんな言葉が話されていても「堅い」言葉は交わされていませんでした。

The photographer had spent 8 years in LA and spoke fluent English. The organizer understood some English, but the stylist and makeup artist didn’t speak anything. But this didn’t stop them from trying to communicate using English. With fun English lessons here and there, the atmosphere became fun and engaging. Before I knew it, no matter the language spoken, there weren’t any “formal” words exchanged.

「ビジネス」な設定は無かったけど、だからこそ多分、より流れるようにして「カジュアル」な会話に変わって行ったのだと思う。でも私がここで言いたいのは、仮にもしその場が気楽に話をする雰囲気に変わらずにビジネスの会話がずっと続いていたとしても、自分の緊張がほぐれたらいいのになと全く思わなかった、紛れも無いこの事実です。

Though, it was not a “business” setting and therefore perhaps the transformation into “casual” conversation was more fluid. But, what I would like to point out is the mere fact that if business conversation were to have continued instead of breaking into the casual speech, I do not think my nerves would have calmed down.

一番最初のみんなの自己紹介の後でも、カジュアルな会話で壁が壊れてお互いの距離がもっと縮まればそれがよりよい仕事の成果を生み出すのかもしれない、私はそう信じています。実際のコミュニケーションは、適切な言葉の使い方というものをあまりにも心配しすぎたり不安に思っていたら成り立たないです。

I believe that if, after the initial introduction from everyone, casual conversation will break down walls and bring each other closer, which will produce better results with any project. Actual communication, which can be difficult to have when you are too worried and conscious about using the proper speech form.

IMG_2060

Photo credit: Junko

私が思うに、何が言いたいかというと例えどんな言葉であったとしても、より快適で協調性のある職場環境を築き上げるには、カジュアルなスタイルでも人と話ができるという事がとても重要なんだなと思います。

I guess what I’m trying to get at is that no matter what language, being able to speak to people in a casual form is important in order to create a more comforting and harmonic work environment.

このショットの長さがどのくらいか気づいてとてもびっくりしました。お昼の12時にオフィスに着いて、夜の10時ラストまでスタジオを離れませんでした。背景バックペーパーを使ってスタジオでまだ撮影をしていました。このブランドは主に若年層をターゲットにしたブランドで、私は自分のモデルパートナーほど多く衣装チェンジやバッグチェンジをしませんでした。個人のスティール撮影が全て終わってからは、事務所に向かってそこでももう一つモデルの撮影をしました。

On a side note, I was quite surprised to see how long a photoshoot can be. I got to the office at 12pm and didn’t leave the final studio until 10pm. We took still shots at one studio with a white back drop. Because this band is predominantly a brand for guys, I didn’t have as many outfit changes or bags to model compared to my partner. After all the individual stills were done, we made our way to an apartment studio where I took shots with the other model.

IMG_2010

Photo credit: Junko

あるシーンでは私達で温泉旅行のパッキングをしているカップルの設定のシナリオを作り上げて、これがとっても楽しかったんです。そのシナリオは、5年間かそのくらい一緒に住んでいて、学校に行くのでドアを開けて家を出る所をどうするか。私はこの撮影の間ずっと、完全に”学生”役にハマっていました。ただ単にバッグパッカーのモデルっていうだけじゃなくて、カラフルな衣装や自分で決めるスタイリングも高校生だった時の私ってこんな感じだったなあと懐かしくなりました。スケート女子/スケーターの服装をしたスノボ女子。

This was very fun because we ended up creating a scenario where we would be packing to go to an onsen for a couple of days for one scene. And that we had been living together for five years for another, and how we were headed out the door to go to school. I was stuck on the whole “school” theme throughout the shoot. Not just because we were modeling backpacks, but because of the colorful outfits and the styling that I had, it reminded me of what I was like in high school. A skater/snowboarding girl who wore skater clothes.

IMG_2040

Photo credit: Junko

どの時間も全部、素晴らしい経験でした、そして一つの撮影で撮られる風景のその裏には沢山仕事が関わっている事を学びました。

All in all, it was an amazing experience, and I learned that it is a lot of work behind the scenes of a photoshoot.

~Junko~