いまさら聞けないレストランでのチップについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずばりアメリカ人に聞きましょう、現地でチップ文化はどのようなものなのでしょう。舞台はサンフランシスコの夕暮れ時、とあるメキシカンレストラン。スタッフの視点で話は始まります。

Let’s ask an American…what exactly is the tip culture like? The scene is in San Francisco as the sun is setting, at a Mexican restaurant. It starts from a staff’s point of view.


まず設定を明らかにしましょう。
サンフランシスコ、春で暖かい夕方。日が沈み始めて夕飯を求める人の波が徐々に私が働いていたメキシカンレストランにやって来ました。

Let me set the scene for you.
It’s a warm Spring evening in San Francisco. The sun has started to set and the evening crowd has started sifting into the Mexican restaurant I worked at.

5月5日、またはアメリカやメキシコではシンコ・デ・マヨで多分私のレストランでは一番忙しい祝日です。シンコ・デ・マヨはメキシコ人、メキシコ・アメリカ人みんなが知っている日、メキシコがアメリカから独立した日です。この日はアメリカ人も近所の国のサポートとして一緒に祝います。それに美味しいお酒とメキシコ料理を、友達と最高な音楽と一緒に楽しめる理由にもなります。

It’s May 5th, also known as Cinco de Mayo in the US and Mexico and it’s probably the busiest holiday for my restaurant. Cinco de Mayo is celebrated by Mexican and Mexican-Americans alike as the day Mexico gained independence from the United States. However this day is also celebrated by other American citizens, to support their neighbors to the south in good will as well as an amazing reason to drink and eat Mexican food with friends and good music.

http://x.lnimg.com/photo/poster_768/12ee0a58f3184c2699edf84f4f7682f9.jpg

言うまでもなく、サンフランシスコのビジネス街にある人気メキシカンレストランにとってはシンコ・デ・マヨは大きな出来事です。お客さんは常に出入りしているし、スタッフはみんなテキパキ働きながらお客さんをご機嫌よく、食事とお酒を楽しんでいるのを確認しながら、並んでいるお客さんの待ち時間をなるべく少なくしています。ストレスはたまるけど、たくさん働いているからとても良い接客をしているのは自覚していますし、だから食事が終わると良いチップがもらえます。

Needless to say, for a popular Mexican restaurant located in the business district of San Francisco, Cinco de Mayo is a big deal. Customers are constantly coming in and the staff needs to work quickly and efficiently to make sure everyone has a good time, enjoys the food and drinks, while making sure the next set of customers don’t have to wait too long. It’s pretty stressful, but we work hard, because we know if we offer good service we’ll get a good tip at the end of the meal.

苦労していたフリーランスアーティストとして家賃や生活費を稼ぐために、私はそこでアルバイトしていました。ウェイトレスとして、良い日には$70~100をチップと給料で稼げました。でもその逆に、悪い日には$20稼げたら運がいい方で、その上バス・ボーイにも手伝ってくれているからチップをあげなくちゃいけません。当時、それがウェイトレスとしての役得でした。シフトもかなり適応性があり、たくさんお金を稼げるチャンスもありました。給料はかなり少ないし、最低賃金よりもかなり低いけど、それでも働いている場所とお客さんによって良いお金は稼げます。

As a struggling freelance artist I worked a part-time job as a server to make money for rent and other livelihood costs. As a server, on a good night I could make anywhere from $70-100 in tips plus my weekly wage. On the downside, some nights I could make as little as $20 and I would still have to tip the bus boy for helping me. That was the appeal of being a server at the time. I would have a flexible schedule and the chance to make a lot of money. The weekly wage is actually quite small and much lower than minimum wage, but you could still make pretty good money depending on where you worked and the type of customers you got.

http://x.lnimg.com/photo/poster_1920/bedd2a45a8ce49898426e2ae81b67dd3.jpg

シンコ・デ・マヨはお金を稼ぐのに最高の日です。その夜はかなり早く始まり、仕事終わりのサラリーマンやOLたちがカクテルとファヒータを頼みにやってきました。どこのウェイターたちのセクションも満席で、並んでいるお客さんの列が徐々に長くなり始めていました。私の隣のセクションを担当していたウェイターが唸っているのが聞こえました。どうしたのか、彼の方を見ると何があったのかすぐにわかりました。彼はヨーロッパからの観光客のグループを接客していました。このようなリアクションは結構普通です、お客さんがヨーロッパからの観光客でも、アジアからでも、とにかく海外からきた観光客全てにおけるリアクションです。私が始めた時はなぜそのようなリアクションするかは理解できませんでしたが、何週間か経つとすぐ理解できました。チップをくれないからです。チープやケチだからではなく、彼等の国では出されたサービスの為にチップをあげる習慣がないからです。でもアメリカでは、ウェイターたちの生活がかかっているチップですが、チップの欄を飛ばし、お店を出るときウェイターが睨んでいることにも気づいていません。

Cinco de Mayo was a great chance to rake in the cash. The night started off fast, with an onrush of businessmen and women getting out of the office and settling in with some cocktails and Fajitas. All of the servers’ sections were full and the line to get seated slowly started to grow. In the section next to me, I could hear one of my fellow servers groan. I looked over to see what was wrong and immediately understood. The host was seating a group of European tourists in his section. This sort of reaction was common whether it was European tourists…Asian tourists…basically any tourist from a foreign country. When I first started, I didn’t understand, but I quickly learned why as the weeks progressed. They don’t tip. It has nothing to do with being cheap or stingy, and everything to do with the fact that, in their home countries, these people are not required or asked to tip for the service we provide. As a result, when they come to America, where the majority of a server’s livelihood depends on tips, they pass over the “Tip Amount” section and leave the restaurant unaware of their server’s angry stare.

https://lh5.googleusercontent.com/-ULJP679xQpU/VDQ97aqvouI/AAAAAAAALmU/Oqr-dl3tx7E/w2048-h2048/chevys%2Brestaurant_vaquino

いろんな国に行ったことがあるので、私はその習慣のことを知らないお客さんにそこまで怒りを感じることができませんでした。文化が違うし、それを伝えてくれる人などいません。でも同僚が貰えるべきお金を、彼等の担当セクションに来た外国人のお客さんのせいで貰えない残念な気持ちにも同感できます。

Having traveled to other countries, I couldn’t be completely angry with the customers who didn’t know any better. The culture is different, and no one told them otherwise. But I could definitely sympathize with my fellow co-workers who felt like they were missing out on cash because they were unlucky to have foreigners seated in their sections.

http://s3-media1.fl.yelpcdn.com/bphoto/iO_k6ZsscH5lYKpYrYsKFA/o.jpg

全ての外国人観光客がチップの習慣を知らないってわけではありません。私は多くの外国人観光客の接客をして、良いチップを貰ったこともあります。私の笑顔やタトゥーを好まなくて全くチップをくれなかったアメリカ人のお客さんもいます。まぁ、これは人が受けた教育やウェイターへの感謝の気持ちの問題ですね。ウェイトレスを経験したことがあるから、私の接客をしてくれているウェイターなどには敏感です。なので、どんなに接客が酷くても必ず10%のチップを残します。普通だったら15%のチップ。それで最高だったら20-30%のチップを残します。次回レストランで外食するとき、「全額のチップ」欄があったら、ウェイターの接客の態度を思い出してください。

Of course not all tourists were unaware of tipping customs. I’ve had plenty of foreigners come into my restaurant and leave me a good tip. I’ve had a few Americans leave me shitty tips because they were jerks, and I’ve had American customers leave me great tips because they liked my smile or tattoo. I guess a lot of it really depends on education and how much you appreciate your server’s efforts. After being a server myself, I am quite sensitive to the plight of whoever serves me my meal. So as a default, no matter how crappy the service is, I always leave a tip of 10%. If they’re decent I give them a 15% tip. If they rock my world it can be anywhere from 20-30%. The next time you grab a meal in a restaurant I hope you consider what your server does for you and keep that in mind the next time you encounter a “Tip Total” section.

ビールと乾杯!←乾杯ではない…

Beer and Cheers!

Kristina