日本でもやるべき?シャドウウェディングって知ってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近海外では話題になり始めているシャドウウェディングというものをご存知ですか?長く続く結婚生活をより良いものにするための儀式です。皆さん、やってみたいと思いますか?

Recently, a ceremony called shadow weddings have become quite popular abroad.Have you heard of it? It is a ceremony to potentially make an already perfect marriage better! Would you like to try it?


Have you ever heard of “shadow weddings?”
Shadow weddings, which an American couple began in 2010, has been spread and has become trendy in western countries.
So, what is the difference between a normal wedding and a shadow wedding?
Let’s see! In a normal wedding, you vow to promise what you call to be “family” eternal love and to share with each other your happiness, troubles, and sadnesses for the rest of your life. But in shadow weddings, you tell the honest truth to each other in order to break any concerns or anxiety you have of your future partner before you get married.

皆さんは「シャドウウェディング」というものを聞いた事がありますか?
これは2010年頃にアメリカのあるカップルが始めた事が切っ掛けで欧米でトレンドとなっている儀式です。そもそも「ウェディング」と「シャドウウェディング」は何が違うのか?
大雑把に見てみようと思います。
ウェディングは、家族になる事、嬉しい時、辛い時、悲しい時も相手を思いやり共に生きていく「永遠の愛」を誓いますが、シャドウウェディングでは結婚で「永遠の愛」の誓いを立てる前にお互いの本音をさらけ出して不安や不満を解消するための儀式です。

<3>Reveal your ‘dark side’ to your partner. 「自分の’短所’を相手にさらけ出す」

980bb8a64527260a02193451221b7169_m

http://www.photo-ac.com/

However, everyone’s ideal of a “best partner” is different, for every one has different values.
Nobody can be perfect. Even if we know this, we all have different values. One person’s strengths could be a weakness to the other, or something that is a big deal to your partner may not be a big deal for you. It’s hard to say the truth and be honest, it can lead to arguments…and it may become awkward and you may not resolve anything, but through the ritual, you can be real towards each other and see them for who they truly are before getting married.

ベストパートナーとは言っても、みんなにはそれぞれの価値観があるものだし十人十色。
完璧な人なんて居ない。わかっていてもやっぱり衝突はあるものだしお互いの価値観も様々、自分の長所が相手にとっては短所にもなりうるし、自分にとっては何でもない事が相手にとっては問題であったり…結婚してからだとなかなか言い出しにくいかもしれないし、喧嘩になるかもしれないし…気まずくなって話すのを辞めてしまって解決に至らない事でも、儀式という形であればお互いに対する「実際の本音」を言う事で結婚する前にもう一度冷静に相手を見る事ができます。

When I personally got married, I didn’t know about shadow weddings, but if I had known about this I would have liked to have a shadow wedding!
The reason why is…you need to be brave to be honest with your partner and it’s hard to show who you really are. Just you with no lies.Your partner might give up on you or your relationship, if you share your negative side. But once you break that silence, and speak honestly in advance, you may not be saying such things as “I don’t deserve this!” down the road when things are less than what you had expected. (Even if perfection can’t be obtained.)

私が結婚した時は、まだ「シャドウウェディング」の存在を知らなかったのですが、もし知っていたらやってみたかったなと思いました!
その理由は…ありのままの自分をそのままに包み隠さず素直に相手に言うのはある意味勇気のいる事です。ネガティブな事を話せば相手に嫌われてしまうかもしれないし、話す事で関係が終わってしまうかもしれないからです。だけど、それでも勇気を出して普段なかなか言えなかった本音を事前に相手に伝える事で「こんな筈じゃなかったのに!」を減らす事は出来るのかなと思いました。(完璧はあり得ないにしても。)

It’s ok if we are going out, but it’s different with marriage… 「付き合っている分には良いけど、結婚となると問題…」

e6841580970540f2e95c30aeb03d1eb2_m

http://www.photo-ac.com/

If you have a shadow wedding, what do you want to say to your partner?
So, in Japan, a wife will lead and manage the household income, or be independent from each other. It depends on the family. So it’s a good idea to talk about how the income will be managed.
Or, for example…
“I don’t like how you always keep the toilet seat up” or “I won’t forgive you if you have an affair” or “I want to continue my hobby even after I get married” or “I wish you would go on a diet…”
You can find out these things about each other and you can improve, or you can compromise with each other. You will be able to understand what the best way is to solve your problems, and theirs.
If these problems don’t bother you, or matter, then you can decide to be with your partner instead of going through trouble. You may want to stop the marriage and avoid the possibility of having a divorce in the future or go through with the wedding, knowing more about your partner.

皆さんがシャドウウェディングをするならどんな事を相手に伝えたいですか?
日本の場合は、奥さんが家計をやりくりするという家庭もあればお財布は別々という場合もあるし家族それぞれですが、結婚していなくてもなかなか話題にはしにくい「家計をどうやりくりするか」なんかを話しても良いですね。
他には、あなたのトイレの便座を上げたままにする癖が嫌だ、とか、浮気をしたら許さない、とか…結婚してもこの趣味だけは続けたいとか、もう少しダイエットして欲しいとか…
努力次第では解消できそうな事だったり妥協できる事を見つけられたり、自分がどう考えるのがベストかお互いに理解できるメリットもありますよね。
「それでもあなたと結婚したい!!」と思える相手なら晴れて結婚に踏み切れるし、もし「やっぱり辞めよう」という事なら残念な事ではあるけれど、「離婚」とう事にもならずお互いにとっての利点もあるのかなと思うのです。

The closer you are, the more you want understanding. 身近な相手にほど、「理解」を求めてしまう?

ad381cc9b210009712beb2ed5313d9f7_m

http://www.photo-ac.com/

Personally, shadow weddings are an interesting ritual because it allows you to hear your partners mind. However, it is hard to change your original character, even if you become family. It can be considered creepy to be able to change after only one casual ritual. Even if it might be easy to understand by just changing how you think, the closer you are to your partner, the more you feel like “why can’t my partner understand me?” And it is easy to start blaming our partners, and find these reasons that all come from the outside. You may also, without realizing, believe that your partner is “the only one” that understands your everything.
Of course, this doesn’t apply to everyone, but nothing could be better than ordinary communication or small talk for any relationship.
You don’t need things or special words, just a simple ”thank you” or ”sorry” is enough to strengthen your bond, and I believe that this is important. It is the words that you say, that make your partnership. If you feel thanks of your partner and you don’t say “ thank you” or what you think, that is a waste for both of you. Your partner may understand you very well, but even then, it is important to put into words these feelings and to be honest with them.

個人的に思うのは「相手の気持ちを聴く」目的ならシャドウウェディングは儀式としては興味深いですが、それでも、家族とは言えやはり他人なので「相手の性格それ自体を変える」という事はなかなか難しいと思います。
寧ろ、たった1日の気軽な儀式だけでそれが出来てしまうとすれば逆に不気味にすら思えます。
これは少し考えれば簡単にわかりそうだけど、相手との距離が近ければ近いほど人は「どうしてこの人は私の事を解ってくれないんだろう」と簡単に相手を責める気持ちになったり、理由を外に求めがちです。また気づかないうちに相手の事を、自分の事を一番よく解ってくれる人と思い込んでしまいがちです。
もちろん、全ての人に当てはまるという訳ではないですが、日常生活での一見ありふれたコミュニケーションや些細な会話だったりほど実は大切だったりするのではないでしょうか。
特別な言葉や大げさに何かをする必要は無く、ただ相手がしてくれた事についての「ありがとう」の一言だったり「ごめんね」だったり、そういう日常の何気ない一言が相手との信頼関係を築く大切なものになりうるのではないでしょうか。
感謝の気持ちはあるけど、思っていてもそれを相手に伝えていなかったりなかなか言葉に出せていないとしたら、それはお互いに勿体ないです。
パートナーはあなたの事をとても理解しているかもしれないけど、あえて言葉にして伝える事も時には必要な事ではないでしょうか。

Various styles of shadow weddings. 「シャドウウェディングのスタイル色々」

2c288f6c737829445e3a0db1463c5771_m

http://www.photo-ac.com/

When it comes to wedding ceremonies, what do you think?
A white dress, a bouquet, a bridal shower and flowers then you exchange rings…?
But, for a shadow wedding, you can wear an unflattering dress or have a bouquet of thorns, on purpose, and invite your close friends as witnesses for your vows.
And furthermore, recently, there have been agencies that help produce your shadow wedding for business!

結婚式と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?
真っ白いドレス…ブーケ…フラワーシャワー…指輪交換….?
シャドウウェディングは、刺のブーケを持ったり敢えて風変わりなドレスを着てみたり。
また、お互いの友人を招いて彼らを「影の誓い」の証人としてみたり。
更に最近ではビジネスとしてもシャドウウェディングをプロデュースする会社までもがあるようです!

Vow Renewal: renewing your vows again!! 誓いを新たにする「バウリニューアル」!!

DISNEY_1071-6670

~Yuka~

This is off of the main topic a little, but you can also have a “vow renewal” ceremony. It is where you literally take your vows and renew them again. For example, “promising each other a happily ever after” again. Shadow weddings are unique, but personally, if it spread in Japan now, I think it would be nice.
In Japan, once you get married, people attach more greater importance to parenting than the quality of your partnership if you have kids. Or working hard and making sacrifices for your family, which makes it so you can’t have time with the people that you’re working so hard for.
It is right after you get married, that you are able to pay attention to yourself, but after marriage, and with the more time that goes by, the more the father figure becomes like “air.” And the stronger your unconcern becomes, it will lead to the final stage in which you won’t love each other anymore…which is sad, even though you have your family.
Even if you have such a ritual, “there is nothing but pie in the sky,” as some would say. But I do not think it’s so bad if it could help your partnership or family grow stronger.

シャドウウエディングとは少し反れてしまいますが、「バウリニューアル」というものもあります。内容はそのままで、再び誓う事、「結婚して今までもこれからもいろんな事があるけど、これからも宜しくね」というようなもの。
シャドウウエディングもユニークで面白いですが、個人的には日本ではこれが広まったら興味深いなと感じます。日本の場合は、結婚してしまうと子供が居れば夫婦関係よりも親子関係を重視する傾向があるように思います。
また、仕事で急がしすぎて家族と過ごす時間が犠牲になってしまう人はまだまだ多いのではないでしょうか。結婚したばかりの頃は相手の事を思いやる努力をしようとするけど、結婚して時間が経つにつれて相手が「空気」のような存在になってゆき、徐々に相手に無関心になって、気付いたら気持ちまでどんどん離れていた、相手の事をどうでもいいと思ってしまう…せっかく家族になったのに、これが現実ではとても悲しいですよね。
こういったバウリニューアルという儀式をしたって結局は形だけだと思う人もきっと居るとは思うけど、何かの切っ掛けで家族の絆がもう一度強くなるなら悪くないと思います。

Future through a shadow wedding. 「シャドウウェディングから見えること」

465a1ce690dceb304609888977a31907_m

http://www.photo-ac.com/

In my opinion, life is challenging. It’ll be great to share the hardships with your life partner but also the happiness. And for any marriages, when you are able to change the negativity into and positivity, I believe it’ll be a happy wedding. Marriage is not goal for happiness, but it is to go through many trials, good or bad, with your partner.
Marriage is a very hard ascetic practice, and it could be grandiose to say so, but so far, I don’t think it’s too far off. There is no promise from the beginning that says anything along the lines of “I can be happy as long as I’m with you.” In the end, shadow weddings can’t give you your perfect marriage life.
You can find the message that everybody makes mistakes and has flaws. Don’t judge and just accept them as they are during the shadow wedding.

ここに書いたのは私の一意見ですが、人生には辛い事もあります。嬉しい事はもちろん、辛い事も相手と一緒に分かち合えたら素敵ですよね。そしてどのような結婚であっても、ネガティヴをポジティヴに変える事が出来れば幸せな結婚になるのではないかなと個人的には思いますし、結婚というのはやはり、幸せのゴールではなく、一緒にいろんな事を乗り越えていく事でもあるのだと思えました。
結婚は修行、と言うと大げさで言い過ぎかもしれませんが、結婚はそれと近いようにも感じます。最初から全て上手く行く結婚なんて約束されて居ないのだし、「この相手と一緒に居れば自分が幸せになれる」というのも少し違う気がします。
結局シャドウウェディングをしてもその結婚が「完璧な結婚」をもたらすのでは無いですよね。
「相手にも自分にも失敗はあるし必ず欠点はあるのだから、決めつけず、ありのままの相手を受け止めて一緒に乗り越えて」と言うメッセージをシャドウウェディングの中に伺えます。
シャドウウエディングについてはこちらからも

News/ニュース

Agent/エージェント

~Yuka~