~「就活メイク」って知ってますか?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生ブロガー、Megumiの就職活動に関するブログ第二弾です!今回はメイクについて日米でどのような考え方の違いがあるのか、彼女の意見を聞いてみましょう!

University blogger, Megumi talks about her job hunting experiences! This time, she explains the job hunting makeup culture in Japan and the differences between America.


http://cache.howcollect.jp/files/20120127061111-1232-500_thumbnail.jpg

http://cache.howcollect.jp/files/20120127061111-1232-500_thumbnail.jpg

There is such thing as “makeup for Job hunting”
日本に「就活メイク」がある理由。

Have any of you ever heard of a thing called “job hunting makeup” in Japan? As I wrote last time, there is a system for students in Japan called “shukatsu”. In order for women to be doing job hunting in Japan, we will hear the term “shukatsu makeup” quite often. This makeup technique is to “give a great first impression to the interviewers”. A few months ago, when I was leaving my house in the morning for an interview, my mother came up to me and said “Aren’t your eyebrows too thick and dark for an interview?” I was honestly very confused with this because that was almost my natural eyebrows so that if I had done my eyebrows lighter, it would have been close to no-makeup, which applies to be rude in this country. At the same time, if it was too dark, it will bring a bad impression to my image. I was very frustrated at this one little makeup technique.
みなさんは日本にある「就活メイク」というのを聞いたことがありますか???
日本では、前回もお話をした通り、学生たちが行う就職活動があります。それに伴って女性は「就活メイク」という言葉を耳にします。要するに「面接官にとって好印象なメイク」をするという技術が試されるのです。数ヶ月前に、面接があるために朝家を出ようとした瞬間母親が近寄ってきて、「面接するのに眉毛濃すぎじゃない?」と指摘されました。私はそれが自分の眉毛であって、それ以上薄くしてしまったら逆にノーメイク状態になってしまうからそれも失礼にあたるし、これ以上濃くしてしまったら印象が悪くなってしまうし、、、とすごくフラストレーションを感じていました。

That is why I wanted to talk about this topic. Why is Japan so obsessed with “shukatsu make-up”? I couldn’t keep all my little thoughts in my head…but before I start talking about this topic, I would want to make something perfectly clear, but I am not saying that you should do whatever that is not appropriate within the “common knowledge”. It is not preferable, even in America, to go to an interview with fake lashes and dark red lipstick or wear short cut off jeans with a crop top. Just like you wouldn’t be wearing the same clothes that you would if you were going to a bar or a club during daytime. It is the same idea. Just making sure….
今回はなぜ日本がそこまで「就活メイク」を推すのかということと、それに対する私の小さな思いをお伝えしたいです。もちろん、ここできちんと明確にしておかなくてはいけないことは、私は決して「これらの言ってることは無視して好き勝手にメイクをすればいい!!!!」「つけまつげに赤リップをして面接へ行け!」とはいっさい言っていません。もちろんアメリカにいても、仕事が欲しいためのインタビューにいくならある程度、抑えめなメイクは誰でもします。夜にクラブやバーにいくときと同じ格好は真っ昼間からしませんよね?それとまったく同じです。常識の範囲でお伝えしています。

So WHY is there even a thing called “shukatsu make-up”??
That is because if our makeup is “too much” or “too heavy,” it is seen as “rude”or “disrespectful.”
And even after you are in the company and you have heavy makeup, they will perceive you as “not fresh or sophisticated.” On the other hand, if you go to work with no-makeup, they will perceive you as “she didn’t have time in the morning to even do makeup so that her lifestyle is not in order” or “she doesn’t have enough motivation towards work.” I think this is the epitome of Japanese culture.
It is a value that Japanese women keep to themselves to be “sophisticated,” “clean” and “polite.”
そもそもなんで「就活メイク」なんてあるの?
それはズバリ・・・・
メイクが派手になりすぎると相手に対して「失礼にあたる」のです。
実際に会社に入ったときも濃いメイクをしていたら「清潔感がない」などと思われてしまいます。逆にノーメイクで会社に行けば、「朝時間がなかった証拠として生活管理ができていない」とか「働きに対しての意欲が足りない」と思われます。これはすごく日本人らしい文化だな、と思います。
「清潔感」や「礼儀正しさ」はすごく日本が主張している女性の美徳です。
それに反することをするのはもちろん文化に対する敬意がないと思われても仕方ないでしょう。

But as I said in the previous article, you don’t have to keep thinking “I have to do the same thing as others.” I don’t think it’s important to be fully aware of the “shukatsu makeup”either. Aren’t interviews a place to reveal your true self? Where can someone find that person’s personality when she is wearing the same suit, bag, hairstyle and makeup? It’s YOUR FACE. You can do what feels comfortable to you and tell them what you can offer to them!!
でも、やはり前回も就活に対する問題点は何個も提示したけれども、「就活メイク」もそこまで気にする必要がないと思いますし「みんなと同じにしなきゃいけないんだ」という意識は捨てたほうがいいと思います。面接は「自分らしさ」を表現するところです。そこでみんなと同じように暗い髪の毛、黒いスーツ、黒いバック、同じ顔、にしたらどこに自分らしさがにじみ出るのでしょうか、、、。

Examples to be a “shukatus makeup” pro!

  1. Not too much glitter for your eyes. Too much will give an immature impression.
  2. Fresh skin! Healthy skin! (Not too dark or pale)
  3. Not too much eyeliner.
  4. No lip gloss or nude lipstick!
  5. Not too much blush!

There are just one too many things to keep in mind to do our makeup while we are job hunting…
No wonder we always take time to get ready!!

就活メイクの仕方は、、、、
例えば

1・目元のラメは少なめに!多すぎると派手になり幼稚な印象を与える!

2・清潔感のある肌に!健康的に見える肌で!

3・アイメイクのラインははねすぎない!

4・リップはグロスとか濃いリップの色にしてはいけない!お遊びメイクになる!

5・チークは濃すぎたらだめ!

などなど本当に一度にたくさんのことを気にしながら就活中はメイクをしなくてはいけません!

You can check out many ways to see how you can do your makeup.
For example, check out the website from Shiseido.
Here, they tell us that our makeup will show our “freshness,” “intelligence” and “motivation.”
If this was said on a US website, it could be seen as a discrimination towards differences.
There is a woman whom I dearly admire and love, Xenia. She is the founder of a web magazine called Chic Overdose. She can speak 6 languages and went to a highly prestigious university. She has also done an internship at JP Morgan. She is not only beautiful but SMART. However, there was an incident once that because she was “too pretty” she became a target for gossip amongst the company and later on, the media found her and the gossip continued to spread. The company told her “please don’t reck our company image.” She was actually scolded at because she was “too pretty.” Of course, she went on her own and created a business by herself. Girl power right here! You can see her speech that she made and her website here.

pic_index_01

https://www.shiseido.co.jp/shukatsu_beauty/howto/point/img/pic_index_01.jpg

ウェブサイトで検索してくれたらたくさん出てきます。
例えば、日本で有名な化粧品会社資生堂さんが出しているウェブサイトをご覧ください。
ここでは、メイク一つのやり方で「清潔感」「知性」「意欲」が伝わると書いてあります。もし、これがアメリカで行われていたらメイクの仕方で自分の知性が問われたりするのは、差別的な要素となり、新聞の一面記事を飾ってしまうかもしれませんね。
実は私のロールモデルでも、モデル兼Chic Overdoseのウェブマガジンの創立者 Xenia Tchoumitcheva というスイス・イタリア・ロシアの血が混じっているすてきな女性がいます。彼女は6カ国語を操り名門大学を出たのちに、投資銀行JPモルガンでのインターンを経たいわゆる「才色兼備」というのがふさわしい女性です。
しかし彼女は実は投資銀行で働いているのに「美人すぎて」で噂になってしまい、のちにメディアに報道されるようになったのです。そしてインターン先は彼女にいいました。「あまりうちの社風とかイメージを崩さないでくれ」と。彼女は自分の美しさで迷惑をかけているといわれてしまったのです。そんな彼女は独立して現在は、すてきなファッション・教育・ライフスタイルなどが組み込まれているサイトを自ら立ち上げ大人気サイトになっております。
彼女の詳しいスピーチはこちらでご覧ください。また、彼女のウェブサイトはこちら

photo-750x750

This is the amazing Xenia こちらがすてきなゼニアちゃん

I digressed a bit but what is important here is that the culture of judging people by their looks should not happen in this time and age. Japan still has the culture of judging people by what they look like. Maybe Japan does the whole “everyone has to look the same” thing on purpose. If everyone is wearing the same thing and looks alike, they don’t have to judge people by their appearance and then they will look at that persons personality. If so, I am totally on board with it and I don’t think it’s wrong.
話は多少脱線してしまいましたが、要するに「外見」で判断しようとする文化はもう古いということです。日本は未だにルックスで人を判断する文化が根付いてしまっています。
だから、もしかすると日本の就活はあえてみんなとおなじような格好をしてほしいのかもしれません。
みんなと見た目は似たようにすれば外見で判断されることはない。そこで、会話の中身や性格でその人を判断しようとしているのかもしれまんね。もし、そうならばそれはそれで一つのやり方ですし間違ってはいないと思います。

However, I think Japan should embrace differences more and be open minded with different personalities. It is true that Japan is a collective society and we value the group harmony a lot and they are really good at it. On the other hand, you wouldn’t even see any classism because we are all the “same.” We were once called the “all middle class mentality.” Also, we are a homogeneous country, it is rare to see different races as well. Therefore, people resent to “stand out” or be “different” from others. When we see people who are original or creative, they are named “an odd person” or “a person who doesn’t fit in.”
From today, Japan needs to be courageous in order to step outside their comfort zone and be different! Even though that means to change the way they do their make up or stand out in a group to be able to say “I’m original and I love it!” It is hard to challenge yourself in any sort of way because you need courage to do so. But I truly admire people who live the life only they can live. I think that’s smart, intelligent and most importantly very sexy!
Now guys, start living a the life that only you can do and push yourself to go out there and try new things!! I will assure you, you will find yourself pretty lively.

でもやはり私はみんなと違う部分を魅せることがこの日本においてはすごく大事だとおもうのです。集団主義でもある日本は、協調性や周りとの関係性を保つのが大変優れていると思います。でもその反面、経済面の格差もあまりみられることがないくらい、「みんな同じ」という環境でもあります。以前は「一億総中流社会」とまで言われました。単一民族でもあるので、周りにはそこまで人種の多様性もみられません。だからこそ、人と違うことをしたり、目立ったりすることに気後れしてしまいがちなのです。オリジナリティーや創造性に富んでいる人をみると「この人は変わり者」などと呼ばれてしまうこともあります。
私はこれからの日本に必要になってくるものは、人と違うことができる「勇気」を踏み出すことだと思います。それは、メイクの一つを変えるにしても、集団の中にいる自分を目立たせて自らの「個性」をアピールすることにしてもです。何にチャレンジするにしても、すごく勇気のいるものだけど、私は人と違うことをしたり、「自分にしかできない人生の歩み方」をしている人ほど知的でかっこいいな、と思うのです!みなさんも是非今日から様々なことにチャレンジする勇気の一歩を踏み出してみてください。

~Megumi~