映画編 ~英語学習に最適な映画紹介 pt 1~

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の学習には海外のドラマや映画を見るのが効果的ってよく言われますが、中にはしゃべるスピードがとても早かったり、難解な言葉が多様されているものも多くあります。今回は数ある映画の中から英語学習に最適な作品を選んでみました。

When learning a language, one of the easiest and most effective ways to improve listening is to watch YouTube videos, television shows, and movies. Today, I would like to introduce to you some of my personal favorite movies that are relatively easy to understand.

言語を学ぶとき、リスニング力を上げるときに結構有効な方法はYouTube動画、テレビドラマと映画を観る事です。今日は個人的に好きで聞きやすくて面白い映画を紹介したいです。

First, I would like to introduce the main actors from the movies that I will later be talking about. Let’s start with my personal favorite, Joseph-Gordon Levitt.

その前に、まず映画に出演している役者たちを紹介したいです。最初に私の大好きなJoseph-Gordon Levittです。

Joseph-Gordon Levitt has been in numerous movies such as 10 Things I Hate About You, (500) Days of Summer, Inception, and 50/50 to name a few. Joseph-Gordon Levitt is probably best known for his roles in (500) Days of Summer and Inception. But I would like to point out that he is not only a talented actor. He is also a producer and has started a whole new project called HITRECORD. A man of true talents.

Joseph-Gordon Levittは「恋のからさわぎ」「(500)日のサマー」「インセプション」と「50/50」など、様々な映画に出演しています。Joseph-Gordon Levittは「(500)日のサマー」と「インセプション」で1番知られていると思います。ですが、彼の才能は演技だけではないことを紹介したいです。彼はプロデューサーでもあり、HITRECORDというコラボプロジェクトを立ち上げ、多芸多才であります。

Zooey Deschanel is everyone’s bright eyed sweetheart. With her dark features and her extremely blue eyes, she is known for her quirky roles in movies such as (500) Days of Summer, Yes Man, Elf and her TV series New Girl. Zooey Deschanel has a knack in comedy and does a great job portraying realistic and relatable characters…even if they are a little odd. Zooey Deschanel is also the vocalist in a band called She and Himand also runs a website with her best friends called HelloGiggles.

誰もが大好き、お目目ぱっちりのZooey Deschanel。黒い髪の毛に眩しいくらいの青い目の持ち主の彼女は「(500)日のサマー」や「イエスマン “YES”は人生のパスワード」「エルフ〜サンタの国からやってきた〜」や彼女の人気テレビ番組「New Girl / ダサかわ女子と三銃士」など、ちょっと変人役として知られています。Zooey Deschanelはお笑いがお得意で、現実的で共感を得られるキャラクターを演じることが多いです…少し変わってるかもしれませんが。Zooey DeschanelはバンドのShe and Him でヴォーカルとしても活動していて、親友とHelloGigglesと言うサイトも運営しています。

Anna Kendrick is another personal favorite of mine. With her appearances in the Twilight Saga, Pitch Perfect, 50/50, and Up In The Air, she is a face that is becoming well known. Anna Kendrick is popular amongst the younger generations for her realistic and down-to-earth personality. She is very witty and very relatable. She is also responsible for the Cup Songbecoming a major trend.

Anna Kendrick も私の大好きな役者の1人です。「トワイライト」シリーズ、「ピッチ・パーフェクト」「50/50」と「マイレージ、マイライフ」に出演れ、見慣れた顔になってきています。Anna Kendrickは若い年代に人気な女優で、現実的で実際的な正確の持ち主です。機知に富み、共感もできます。それに2012年に流行った「カップの歌」の責任者でもあります。

Emma Watson, a favorite all over the world. Of course she rose to fame thanks to her roles in Harry Potter, but she has also made a name for herself outside of the series in films such as The Perks of Being a Wallflower, The Bling Ring, and Noah. She is now getting much attention from her activism in feminist rights.

Emma Watsonはみんなが大好きな女優さんです。「ハリー・ポッター」で知名度が上がり、それ以外でも「ウォールフラワー」「ブリングリング」や「ノア 約束の舟」でも活躍してます。後、現在ではフェミニストの活動で世界中から注目を浴びています。

Logan Lerman is also rising to fame with his roles in hit films such as Percy Jackson, Noah, The Perks of Being a Wallflower, 3:10 to Yuma and The Patriot. Lerman is a self proclaimed film geek, and is hoping to one day not only act, but to write, direct and produce his own films.

Logan Lermanは「パーシー・ジャクソン」「ノア 約束の舟」「ウォールフラワー」「3時10分、決断のとき」と「パトリオット」などで注目されている若手俳優です。Lermanは自ら示している映画オタクで、いつか演技だけではなく、脚本を書いたり、ディレクターやプロデューサーもやってみたいと宣言しています。

Ezra Miller is known for his roles in City Island, Another Happy Day, We Need To Talk About Kevin and The Perks of Being a Wallflower. He has been trained in opera and has even performed in the Metropolitan Opera. He openly identifies himself as queer, and in The Perks of Being a Wallflower, Ezra plays the role Patrick, an open gay boy.

Ezra Miller は「City Island」「アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち」「少年は残酷な弓を射る」や「ウォールフラワー」の役などで知られています。オペラの修行を小さい頃にし、Metropolitan Operaでもパフォーマンスをしたことがあります。彼はクィアとして活動していて、「ウォールフラワー」ではゲイの少年、Patrickを演じています。

Andy Samberg is well known in the movie industry for his comedic roles. He played in I Love You Man, Celeste and Jessie, The To Do List and Brooklyn Nine-Nine. He is also known for his standup comedy group, The Lonely Island, who have also released hit songs such as “I’m On a Boat” “Jizz In My Pants” “Like a Boss” and many more.

Andy Samberg はコメディ映画などの役柄で知られています。「40男のバージンロード」「セレステ∞ジェシー」「The To Do List」「Brooklyn Nine-Nine」などに出演しています。他にもお笑いトリオのThe Lonely Islandとしても活動していて、彼らは「I’m On a Boat」「Jizz in My Pants」や「Like a Boss」など、何曲かヒットを出しています。

Finally let me introduce to you Rashida Jones. Rashida Jones came to fame with her role on Parks and Recreation, a hit television series on NBC. She also played roles in Our Idiot Brother, The Social Network, I Love You, Man, and appeared and co-wrote the screenplay for Celeste and Jessie Forever. She is also known for her writing career in which she is a contributing editor and has published her book Frenemy of the State.

最後にRashida Jonesを紹介したいです。Rashida Jonesは大人気テレビ番組「Parks and Recreation」で有名になりました。「我が家のおバカで愛おしいアニキ」「ソーシャル・ネットワーク」「40男のバージンロード」や脚本を共同執筆した「セレステ∞ジェシー」などに出演しています。演技だけではなく、作家としても「Frenemy of the State」を出版し、雑誌にもゲストライターとして活動もしています。

Now that we have a little background on these actors, lets now take a look at the movie that I would like to introduce to you guys.

これで役者たちのことを少し知ったところで、今度は紹介したい映画もちょっと見てみましょう!

The first movie is (500) Days of Summer.

最初の映画は「(500)日のサマー」です。

A simple romantic-comedy, that is not a movie about love, in where boy meets girl. Tom, played by Levitt, and Summer played by Deschanel, replay the end, the start, and the middle of their relationship. With such different views, the movies does a splendid job in portraying the simple story of a man who falls in love at first sight. This is a good movie to watch when you’re still trying to improve your listening skills because the speed in which the characters speak in is not too quick, which makes it easy to keep up.

シンプルなロマンティック・コメディ映画だけど、これは恋愛映画ではないです、ただのボーイ・ミーツ・ガールの話です。Levittが演じるTomとDeschanelが演じるSummerの恋愛を終わり、始まり、と間をリプレイします。価値観が違う2人、この映画は一目惚れする彼のシンプルな話をこの映画は上手く表しています。この映画をお進めする理由は、キャラクターのしゃべるスピードがあまり早くないので、聞き取りやすいからです。

Continuing on with the Joseph-Gordon Levitt trend, I would like to introduce 50/50.

続いてまたJoseph-Gordon Levittですが、「50/50」を紹介したいです。

Adam, a man who lives a safe and simple life is suddenly diagnosed with a rare type of cancer. The story unfolds as his cancer progresses and his relationship falls apart. His best friend, family, and new romance, Adam is then faced with surgery in which he has a survival chance of 50/50.

This is a movie in which the speaking speed is also easy to keep up with. And unlike most other cancer movies, it doesn’t revolve around the negative aspect of having cancer, but finding the positive.

平凡な人生をおくっているAdamはいきなりまれなケースの癌に診断されました。癌が進み、恋人との関係が崩れていきます。親友、家族、と新たな恋、Adamは成功率が5分5分の手術を目の前に…

この映画も聞き取りやすいスピードでしゃべります。他の癌映画とは違い、ネガティブな部分に集中せず、ポジティブな部分に集中してます。

A hit novel turned hit movie, my next recommendation is The Perks of Being a Wallflower.

大ヒットした小説が大ヒットした映画に、次に紹介したい映画は「ウォールフラワー」です。

A novel that also had its success in Japan, this is a story about a troubled boy going into high school and meeting incredible people who will change his life forever. Charlie, who can’t seem to fit into his new school, befriends Sam and Patrick, who give him friendship and the sense of being. Although some of the characters speak at a quick pace, and at times they use unique phrases, this movie does a great job in showing the different parts in American culture. Also, it will definitely increase your vocabulary.

日本でも人気があった小説、高校に上がり、病んでいる少年が人生を変えてくれる仲間に出会う話です。Charlieは新しい学校になかなか馴染めなかったが、SamとPatrickに出会い、友情を与えられ、生きる価値も教えてくれたました。この映画では、しゃべるスピードが速いキャラクターも、ユニークなフレーズを使う人もいますが、様々なアメリカの文化を表したりしているので、最高な映画だと思います。それにボキャブラリーを増やしてくれます!

Finally, I would like to introduce Celeste and Jessie Forever.

最後に紹介したいのが「セレステ∞ジェシー」です。

Two best friends who got married…and then get a divorce. One of the most realistic break-up movies, Celeste and Jessie make you laugh while taking you through the trials and tribulations of getting a divorce and learning to stand back up again. This is a movie that I would recommend because there is a lot of humor that ties into real life situations, which makes understanding the story line easier. Also, since it is based on two people in their late twenties, it does a pretty decent job in showcasing the culture and lifestyle of adults in their late twenties and early thirties.

親友同士が結婚し…離婚をする。この映画はかなりリアルな別れ話で、CelesteとJessie

と一緒に離婚から立ち直る辛さを笑いながらも経験しましょう。この映画をお進めする理由は現実に起こるような出来事とお笑いを混ぜてるから、共感しやすいし、話について行きやすいです。20代後半の2人の話なので、20代後半から30代前半の生活スタイルやカルチャーを上手く表していると思います。

I hope I sparked some sort of interest for these movies! If you have seen them already, what do you think about them?

Let me know!

ちょっとでも興味を持ってくれましたかな?もし、観た事があるなら、どう思います?

教えてね!

~Junko

■■ 今日のフレーズ!■■

bright eyed

「明るい目」が直訳です。よく目がキラキラ輝いている人を「bright eyed」って言います。ここではZooey Deschanelの目がとても青いので使われています。

dark features

「暗い表情・部分」が直訳です。ここではZooey Deschanelは髪の毛などが黒いから使われています。

Down-to-earth

このフレーズはよく使われています。これは「気取ってない」や「素直」や「リラックスしている」人のことを言います。例:「he’s so down-to-earth

relatable

「共感」です。有名人が一般人と同じことをすると「he’s really relatable」。だれかの話を聞いたときや、共感するときに使える単語です。

made a name for herself

これは「自分で這い上がった」って意味に近いです。頑張って自分の信じる、やりたいやり方で自分の名前を世に出した。

rising to fame

「有名になる」です。ここの「rising」は「上がる」です。「fame」は「有名」です。なので、知名度が上がる、有名になる、になります。

self proclaimed film geek

ここの「self proclaimed」は「自身が認めてる」です。なのでここではLogan Lermanが映画オタクだってことは自分でも知っていて誇りを持って言っています。

The story unfolds

「話が繰り広げられる」って意味です。

learning to stand back up again

直訳では「また立ち直る練習」です。「立ち直ろうとしている」としても捉えられます。