~日米キッチン事情~

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日は料理について。日本とアメリカを行き来しているうちに、キッチンの違いに驚かせられます。みなさん料理してますか?

I always liked to cook.
料理は前から好きでした。

No, that is a lie.
それは嘘です。

I think I started to enjoy cooking when I returned home from my year abroad in Osaka. That’s where I learned how to cook some delicious things. Mainly because I didn’t have anyone else that was willing to cook for me on a regular basis. So I dug through my memory and called up my mom to ask for some recipes.
料理を好きになり始めたのはたぶん大阪から帰ってきてからだと思います。大阪でいろんな料理を覚えたからです。ご飯作ってくれる人がいなかったからです。だからお母さんが作ってくれてたレシピを思い出したりしてました。

But I have one complaint.
1つだけ文句があります。

My kitchen in Osaka was much too small. With a sink and one tiny burner next to it, how was I supposed to chop, make the sauce and boil the pasta at the same time? It was literally impossible. I still managed.
大阪に住んでた頃のキッチンは小さすぎました。流しの隣に小さいコンロ1つだけ、どうやってまな板使ったり、ソースを作って、パスタを同時にゆでられるの?完全に無理な状態です。だけど、なんとかできました。

I then returned to America and had my own apartment there for awhile. The kitchen was spacious! That is, compared to my kitchen in Osaka. This kitchen I now had in America was small in comparison, but it was easily five times the size of my kitchen in Osaka.
それでアメリカに帰り、自分のアパートを借りました。キッチンがとても広かったです!大阪のキッチンと比べたらですが。でも、アメリカの通常のキッチンと比べたら小さい方です、でも大阪よりは軽く5倍でした。

In fact, my kitchen in Osaka was in the hallway between my bedroom, bathroom and front door.
大阪のキッチンは玄関から部屋までの廊下にありました。

I definitely enjoyed my kitchen time in my new apartment and even back home. Oh! And to have an oven! I was able to make brownies and cookies!
新しいアパートのキッチン、とても気に入りました。あ!しかもオーブンもありました!ブラウニーやクッキーなど、作れました。

Then I moved to Tokyo. In my first apartment, I had a spacious kitchen for Japan. I had little counter space, I installed 2 burners and I also had quite a large sink. But that was what my kitchen had. No proper shelves, no oven, nothing else. I managed though, and was still able to do many things in this kitchen. My friend even donated her old microwave!
そしたら東京に引っ越しました。最初のアパートは日本のキッチンとしては結構広いほうだと思います。カウンタースペースもあり、コンロ2つと、流しも大きかったです。でもそれだけでした。棚などなかったし、オーブンもなかったです。でもなんとかなったし、キッチンをちゃんと使えてました。それに友達から電子レンジをいただきました!

But then I moved to a different apartment, where I now have a kitchen the same size as the kitchen I had in Osaka. Which, for an apartment in Tokyo, is quite normal. One gas burner, a small sink, and nothing else. Its next to my washing machine, in front of my bathroom and leads into my main living quarters. This, I know, is very normal for an apartment in my price range.
でも違うアパートに引っ越し、今は大阪のキッチンと同じくらいの大きさです。これは東京のアパートとしては普通みたいです。コンロ1つ、小さい流し、それだけ。洗濯機の隣で、バスルームの前にあって、玄関から部屋に行く廊下にあります。このようなキッチンは一人暮らし用のアパートとしては通常です。

Yet, it makes me wonder how people manage to utilize these small kitchens with such small burners. How are you able to actually cook a decent meal and have everything hot and ready by the time you want to eat it? I don’t know. Maybe I’m just not talented enough in the cooking department or know how to utilize my kitchen to its full extent.
それでもやっぱり、みんなはどうやってこの小さいキッチンで料理をしているのかなと、思っちゃいます。ちゃんとした料理をコンロ1つだけで作って、温かいうちにどうやって食べられるのかな?分かりません。もしかして私だけそこまで料理の知識とちゃんとしたキッチンの使い方がわからないだけなのかもしれませんね。

I would like some advice on how to utilize such a small kitchen properly so I can start enjoying standing in that area a little more than I do now. I want to feed myself proper food.
なので、どうしたらこの小さいキッチンを上手く利用できるかアドバイス欲しいです。ちゃんとした食べ物を自分に与えたいです。

~Junko~