~映画「エターナル・サンシャイン」が現実になったら?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れたい想い出の1つや2つは誰にでもありますよね。もし、その記憶だけ消す事ができるとしたら、どうしますか?

Everyone has a memory or two that they want to forget. What if you were able to erase that said memory, would you?

The two of them sat quietly in a cafe, watching pigeons gather and strut on the other side of their window. Delia traced her finger on the edge of her coffee mug and sighed. Her short-lived relationship with Michael had ended poorly. His mustache and smile would no longer brighten her days.

2人は静かにカフェで座り、窓の外で歩き回っている鳩を眺めていた。Deliaはため息を吐きながら自分のマグカップを指でなぞった。Michaelとの短い交際があまり良い終わりかたじゃなかったからだ。彼のヒゲと笑顔はもう彼女の日々に光を与えないだろう。

Her friend Melinda disrupted her thoughts as she reached out and touched Delia’s arm.

彼女の友達、Melindaが腕に触れたせいで考え事から我に戻った。

“It hurts now, but you’re gonna be fine,” she reassured her.

「今は痛いかもしれないけど、絶対大丈夫だから。」と励ましてくれた。

Delia simply nodded and took another sip.

Deliaは頷いてからコーヒーを一口飲んだ。

A few moments of silence had passed when Delia decided to speak.

沈黙が少し続いてからDeliaは口を開いた。

“Hey, have you seen that movie Eternal Sunshine of a Spotless Mind?” she asked as she continued to stare at the pigeons.

「映画のEternal Sunshine of a Spotless Mind見た事ある?」鳩を眺めながら問いかけた。

“Yeah, that’s the one where Jim Carey’s character tries to erase memories of his ex-girlfriend right?” Melinda responded.

「それってJim Careyが元カノの記憶を消そうとするやつでしょ?」Melindaが返した。

“Yeah…that’s the one,” Delia paused and looked Melinda in the eyes, “Would you do it?”

「うん…それ。」Deliaは一瞬Melindaの目を見てためらった「あなたならやる?」

“Do what?” she asked absentmindedly.

「何を?」とぼんやり聞いた。

She was distracted by the large amount of pigeons that were gathering outside of their window now.

窓の外に集まってきた鳩に気を取られていた。

“Would you erase any of your exes from your memory if you could?” asked Delia.

「できることなら、元カレの記憶とか全て消す?」とまたDeliaが聞いた。

“No,” Melinda replied assuredly.

「ううん。」Melindaははっきりと答えた

“Really?” Delia asked unbelievingly.

「本当?」Deliaは信じられなかった。

“Yeah…I mean. Sometimes it hurts to remember certain events or people…but it’s those people and feelings that influenced me to make the choices I did. I am who I am now because of them. And I don’t know about you…but I’m happy with who I am.”

「うん…だって。たまに人や思い出を振り返ると悲しくなるけど…でもその人たちとその気持ちの影響があったからこそ私はこの道を選んだんだと思う。今の私は彼らがいたからこそここにいるんだよ。あなたはどうなのか分からないけど…私は今の自分で幸せだよ。」

Melinda smiled at her friend.

Melindaは友人に向かって微笑んだ。

Delia couldn’t help but smile back at her. Her friend may seem distracted and frazzled at times, but she was always confident in who she was. That was a trait Delia would always appreciate.

Deliaも微笑み返せずにいられなかった。彼女の友達は時には気を取られて、慌てていることもあるけど、彼女はいつも自分に自信を持っていた。Deliaは彼女のその特性をいつも尊重していた。

“Well anyways, I read an article about blocking memories the other day,” said Delia, finally ready to steer the topic in a new direction.

「そうね、この前、記憶をブロックするって記事を読んだんだよね。」Deliaはこれで会話を新しい方向に持って行こうとしていた。

“In the article I read, researchers had successfully removed traumatic experiences from the memory of mice,” she continued.

「その記事読んだ記事の中でね、研究者たちがネズミからトラウマな経験とか記憶を消す事に成功したの。」そのまま続けて言った。

How the heck did they do that?!” exclaimed Melinda.

「どうやってできたの?!」Melindaが食いついた。

“Believe it or not, they used light to manipulate the neurons in their brains!” Delia replied excitedly,

“They were able to block out the memory and negative feelings of being electrically shocked and instead focus the mice on feelings that were more positive and pleasant.”

「信じるか分からないけど、脳みそのニューロンを利用したの!」Deliaはハイテンションで返事した。「ネガティブな記憶を電流の刺激でネズミたちの意識をもっとポジティブに集中するようにしたの。」

“Wow, that’s insane…” Melinda said disbelievingly.

「すごい、ありえない…」Melindaは疑い気味で言った。

“Yeah..they’re trying to develop a way to do that for humans…help them remember the positive feelings more than the negative..” Delia trailed off when she saw Melinda’s face.

「うん…今人間にもできるか研究してるの…ネガティブな思い出じゃなくてポジティブな思い出に集中させる…」Melindaの表情を見てからDeliaは言葉をなくした。

“I don’t think people really need a drug to do that,” she chided softly, “It might be harder to focus on the good, but that’s what friends are for! We’re here to help you stay positive and push through the hard times until you can stand on your own again!”

「そんな薬、人間には必要ないよ。」優しく言った。「良い事に集中するのは難しいかもしれないけど、だから友達とかがいるんでしょ!私たちあなたをポジティブにして、辛いとき一緒に乗り越える為にいるんでしょ!」

“God, Melinda. You sound like a greeting card!”

「Melinda、グリーティングカードみたいな事言うね!」

Delia smiled warmly. Melinda always knew what to say to make her feel better.

Deliaは温かく微笑んだ。Melindaはいつも彼女のことを上手く励ましてくれる。

“I know,” Melinda replied cheerfully, “It’s good to know I can have a backup job as a greeting card writer in case my career as an actress falls through. But yeah, send me that article. I’d like to read it even if I disagree with the direction their headed.”

「知ってる。」Melindaは笑顔で返した。「もし役者として失敗したらグリーティングカードの会社に行けるって、安心するよね。それよりも、その記事送ってよ。方向性と共感できないかもしれないけど、読んでみたい。」

Delia laughed both at Melinda’s comment and the girl outside who seemed to be running away from a flock of pigeons.

Delia は Melinda のコメントと、鳩から逃げてる女の子を見て笑った。

-Kristina

■■ 今日のフレーズ!■■

How the heck

ここで使われている「heck」は「hell」と同じです。「hell」よりは一般受けが良く(特に宗教信じる人の周りでは使ったら失礼です)、「heck」を使った方がいいです。