~絶対見るべきアメリカのアニメ、Avatar~

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのアニメと言えば何を思い浮かべますか?ディズニー?ピクサー?確かに面白いけど、やっぱりアニメは日本のほうが上だよねって思ってますよね?今回はそんな人にこそ見てもらいたいアメリカのアニメ事情を紹介します!

Japan is the epicenter of Anime. That is something that no one will deny nor retaliate. And while cartoons in America seem to lack in all departments, there is one series that does a good job at keeping up, if not surpassing some, Japanese anime. That series is called Avatar.

日本はアニメの最先端。それは誰もが否定しないことです。アメリカのアニメは少し物足りない部分があるかもしれませんが、一つだけ日本のアニメと堂々と並べるアニメがあります。「Avatar」です。

The Last Air Bender intro

Since the latest season for Avatar has just begun, it seemed like the best time to shed light on this American cartoon to the Japanese world.

「Avatar」の最終シーズンが始まるので、アメリカのアニメを日本に紹介するのに今が1番いい時だと思いました。

The show is about a world in which there are people who are able to control the elements; earth, wind, fire and water. Then, there is the Avatar, who has the abilities to control all four elements. Though, 100 years before the story begins, the Avatar disappeared, and war broke throughout the nations. This is where the story begins.

アニメの世界では才能のある人は4つの要素を操れます;地、風、火と水。それでアバターがいます。アバターは全ての要素を操る事ができます。だが、話が始まる100年前に、アバターが消え、戦争が始まった。ここで話が始まります。

Katara and Sokka from the Southern Water Tribe stumble upon Aang, who is the missing Avatar and also the last air bender.

南水の国のKataraとSokkaがいなくなったアバターでもある、最後の風使いのAangを見つけました。

While the pictures at the beginning of the series may not be the best quality, the character development in both picture-wise and maturity, is quite obvious. Produced by Nickelodeon, a popular children’s channel, as expected, Avatar was first popular amongst the young children. It didn’t take long before the older kids, and even for the adults to catch on through. And as the demographic expanded through a wide age range, the story began to intensify.

最初の方の絵はあまり高いクォリティではないんですが、話が進むにつれてキャラクターも絵も分かりやすく進化していきます。アメリカの人気子供番組、Nickelodeonがプロデュースしているので、「Avatar」はまず初めに子供の間で大人気になりましたが、すぐに大人の間でも話題になっていきました。年齢層が広くなり、ストーリーも濃くなって行きました。

The first series, Avatar: The Last Air Bender, had three books.

最初のシリーズ「Avatar: The Last Air Bender」は3本でした。

It wasn’t enough. The audience wanted more, and the producers wanted to gain even more viewers. So the next series began.

それじゃ物足りなかった。視聴者はもっと観たがり、プロデューサー側ももっと視聴者を獲得したかった。そこから次のシリーズが始まりました。

Avatar: The Legend of Korra.

The Legend of Korra picks up from after Aang’s time on earth, as there can only be one Avatar at a time. The next Avatar was reborn as Korra, from the Water Tribe.

アバターは1人しか存在できないので、「The Legend of Korra」はAangがいなくなってからの話です。次のアバターは水使いのKorraとして生まれ変わりました。

Her battles, opponents, and the whole plot of the series is much more mature than The Last Air Bender, and is enjoyable for all. Although, it could also be said that perhaps some of the scenes and story lines are a little too mature for the younger children, the series is extremely hyped.

彼女の戦い、敵、全体の設定は前回のシリーズ「The Last Air Bender」より大人向けですが、年齢かまわず誰もが楽しめます。部分的には子供向けではないようなシーンもありますが、今回始まるシリーズは大いに期待されています。

With 20 minute episodes, the Avatar series can be said to be hands down one of the best anime series that originated from America.

1話20分と見やすい長さの「Avatar」はアメリカ発信のアニメではトップだ、と言っても過言ではないでしょう。

Have you seen Avatar?
What do you think?
If you haven’t seen it, would you be interested?

「Avatar」見た事ありますか?
どう思います?
見た事ない方は、見たいと思います?

For more info in Japanese about the backstory, visit here

日本語でより詳しい情報はこちら

~Junko~

■■ 今日のフレーズ!■■

keeping up

直訳ですと「ついていく・ついていく」です。イメージとしてはお兄ちゃんに頑張ってついて行く弟、です。例:「Try to keep up with me」「頑張ってついてきてね」などのような使い方です。

to shed light on

直訳ですと「光を○○」です。知られてないことなどに光を当てて、注目を集める、真実をあかす、などの使い方です。例:「I’m trying to shed light on this case」「この事件に注目を集めたい。」

stumble upon

「偶然見つけた」です。「stumble」の直訳は「つまづく」ですが、つまづくときは予想してませんよね?なので、「偶然」はその「stumble」から来てます。

catch on

「乗る」「波に乗る」が1番近い訳です。流行などについて行ったり、知ること。例;「the windsurfing trend is finally catching on」「ウィンドサーフィンのトレンドやっと流行ってきてるよね」

hands down

直訳ですと「手を下げる」ですが意味としては「ダントツ」です。

例:「this burger is hands down the one I’ve eaten」「今まで食べてきたハンバーガーの中でダントツ1位」