あるカップルの Short Story – Sarah and Michael ep 4

このエントリーをはてなブックマークに追加

Michael を試すように質問を投げかけるSarah。お互い第一印象は悪くなさそうです。どうやって次に会う約束を取り付けるのでしょうか? デートの誘い方と連絡先交換の仕方を勉強しましょう!

Sarah’s questions are testing Michael. Their first impressions don’t seem bad, but how will they take their meeting to the next level? Learn how to ask for someone’s number and ask them out on a date!

■■ 今日のフレーズ!■■

I never got your name

名前を聞きそびれたときに使うフレーズです。 “Can I have your name?” など、have や got や gave など名前を もらう、あげる ときに使います。 “I gave them my name”。この場合は聞きそびれたSarah がMichael の名前を(教えて)欲しいからgot を使っています。

what do you like to do on your days off?

休日に何をするのが好きなの?これは誰に対しても使えるフレーズです。初めての人に会うときよく使うと思います。

just the typical

typical は一般的、普通、などの意味を持ちます。何かに対してjust the typical を使うときは何も特別な感じじゃない、本当に「普通」を伝えるときに使います。 “it was a typical day at work” 今日の会社は普通の1日だった。

are you seeing anyone?

ここで使われている “seeing” は誰かと会っているかの意味ですが、会っていることは付き合っているか、デートなど、いい感じの人がいるかいないかです。 “I’m seeing someone” だと誰かと付き合っています、いい感じの人がいます。なので、Michael は Sara に、相手がいるかを聞いています。直行で “do you have a boyfriend (girlfriend)?” でも聞けますが、このような言い方のほうが礼儀感があります。